ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

人形活動40周年 ホリ・ヒロシ人形展
美しくも妖しい日本の美


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2017/1/4
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


出雲梅
木花咲耶姫


妖しくも美しい表情が見る人を魅了する人形たちを創作する人形作家・人形師、ホリ・ヒロシさん。
人形師活動40周年を記念する展覧会が阪急うめだ本店「アートステージ」で開催されています。


祝祭広場 特設ステージで「人形舞」を披露するホリ・ヒロシさん

衣装デザイナーでもあり、吾妻流宗家・吾妻徳穂の直弟子で名取(吾妻 瑞穂)でもあるホリ・ヒロシさんは人形における「舞」の可能性を追求し、独自の舞台「人形舞」を創設。
1月2日(月・振替休日)には、祝祭広場 特設ステージでホリさんによる新春舞初めの「人形舞」が披露されました。


鳳凰

「アートステージ」にはホリさんがデザインし制作した人形や衣装が並びます。
胸には珍しい玉虫の羽根を留めつけられている「鳳凰」のドレスは、背についている翼を広げると5メートルもの大きさになるのだとか。


うさぎの風神雷神
2,000,000円


月に棲むことから“つき”を呼び込むという吉祥の霊獣、うさぎ。
愛らしくも勇ましい風神雷神像です。




自らが創作した人形を遣い、舞う「人形舞」は1986年のシドニー国際ビエンナーレ招致をはじめ日本のみならず海外20カ国45都市でも多数公演され、国内外で高い評価を得ているホリさん。
1991年には新しい舞台芸術「人形舞」を創設したことにより、東京都民文化栄誉賞を史上最年少で受賞。

新春は人形師と人形たちが織りなす、ため息の出るような美しい世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■人形活動40周年 ホリ・ヒロシ人形展 <展示販売/入場無料>
◎1月2日(月・振替休日)~9日(月・祝)
◎阪急うめだ本店 9階 アートステージ
※催し最終日は午後6時閉場

◆ホリ・ヒロシによる「新春舞始め人形舞公演」とトークショー
◎1月9日(月・祝) 午後1時~(約30分)
◎阪急うめだ本店 9階 祝祭広場 特設ステージ
演目:「鳳凰飛天」

◆関連記事
▼暮らしの劇場 日本を代表する人形師、その40年の軌跡 人形師活動40周年 ホリヒロシ人形展



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/10/01更新)