ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

阪急×アートコレクターズ
ニュースター達の美術展2017


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2017/7/3
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店
◎2017年7月5日(水)~10日(月)
※最終日は午後6時閉場


平良 志季
「招き猫に壱目様」
 4号


次世代リーダーと目される若き精鋭作家たち。
日本画、洋画、抽象、具象、立体などジャンルを超え、月刊『アートコレクター』誌上で紹介された人気作家約60人の作品を集めた美術展が「阪急うめだギャラリー」で開催されます。


野地 美樹子
「桜桃」
 P6号


日本画家・野地 美樹子さんが描く、「桜桃」。
可憐な赤い実をつける桜桃(さくらんぼ)が清らかな画面を形作ります。


大竹 寛子
「Spring」
 F20号


大竹 寛子さんの日本画作品にしばしば登場する神秘的な青い蝶。
無数の蝶が羽ばたき、儚い美しさの中に無限を感じさせます。


山内 大介
「ひまわり」
 15号


洋画家・山内 大介さんの代表的なシリーズ、「ひまわり」。
ゴッホへの深い共感は、シンボルカラーの黄色い花となって画面に咲き誇ります。


鈴木 弥栄子
「shelter 3」
 27.3×22cm


薄く溶いた透明な絵の具を幾層にも塗り重ねる「グレーズ技法」で描かれる、鈴木 弥栄子さんの油彩画。
シュールレアルな作品「shelter 3」では貝から妖しくもしなやかに女性の足が伸びています。


松岡 歩
「雪香」
 6号


柔らかいタッチと澄んだ色調が印象的な松岡 歩さんの日本画「雪香」。
雪の降る中、うっとりとした表情のシロクマの横顔が画面いっぱいに描かれます。


千住 博
「夜明け」
 F6号


会場では人気作家へ影響を与えた巨匠たちの作品も出展されます。
過去から未来へと続く美術界を担うスター達の熱い活躍ぶりに触れてみてはいかがでしょうか。

■阪急×アートコレクターズ ニュースター達の美術展2017 [展示販売・入場無料]
◎2017年7月5日(水)~10日(月)
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー・アートステージ
※最終日は午後6時閉場


阪急×アートコレクターズ ニュースター達の美術展2017 特設ページ




※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2017/10/21更新)