ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

芸術とは輝きの創出
「釉薬のマエストロ 中村 元風 展」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2017/8/28
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店
◎2017年8月30日(水)~9月5日(火)
◎7階 美術画廊
※最終日は午後4時終了


「グレイズ Prism(プリズム)」
縦60×横60×厚さ10cm
4,320,000円


“輝きの創出”をテーマに、次々と新たな表現に挑戦し続けるアーティスト・サイエンティストの中村 元風(なかむら がんぷう)さん。
注目の個展が今年も阪急うめだ本店 美術画廊で8月30日(水)から開催されます。


中村 元風

1955年、石川県に生まれ、1981年、金沢大学大学院理学研究科生物学専攻修了。
生物学者の経歴を持ち、徹底した科学的アプローチにより、陶磁素材の持つ新しい可能性を切り拓いてきました。
神秘のイメージが強い陶磁の世界に科学的な側面から迫り、なかでも釉薬研究では、0.0001g単位という、従来では考えられない精度の調合などを駆使し、独創的な釉を次々と世に送り出しています。


「ふくら手 希赤 夜明け」 径9×高さ12.5cm 162,000円
「ふくら手 希赤 盃」 径5.5×高さ5cm 各64,800円


2011年には、赤、黄、緑、群青、紫という“五彩”のうち、歴史的に唯一ガラス質ではなく、不透明で平面的な質感であった赤色の実現に成功。
希求していた赤、未来を切り拓く赤という意味を込め、「希赤(きせき)」と命名しました。


「グレイズ 香炉 ローズ」
径10.6×高さ13.3cm
486,000円


膨大な研究と実験を繰り返し生み出した、水滴の輝きを永遠化する釉“グレーズ”。
グレーズ・ペインティングは釉そのものを用いて描く、作家独自の“絵画”。
そのガラス質ならではのきらめき、みずみずしさ、立体感は目を見張るものがあります。


「グレイズ 雫」 
径23.3×高さ31.1cm
1,080,000円


生命、自然、宇宙、科学といった分野から輝きを発見し、制作された作品の数々。
2010年には中国・国立上海美術館において外国人初となる個展を開催するなど、国内外で高く評価されています。
“釉薬のマエストロ”と目される作家による、輝きの作品に触れてみてはいかがでしょうか。

■釉薬のマエストロ 中村 元風 展
◎2017年8月30日(水)~9月5日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※最終日は午後4時終了


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2017/11/19更新)