ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

エコール・ド・パリの画家モーリス・ユトリロ 版画作品展


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2012/10/29
  •  
  •   mixiチェック

エコール・ド・パリの画家、と言えば、皆さんはだれを思い浮かべるでしょうか。
モディリアニ、ローランサン、ヴラマンク、フジタ・・・
この頃、活躍した画家はとても個性的な画家が多いですね。
中でも、寺院や広場、小路など、身近なパリの風景を描いたユトリロの作品は、静けさと独特の詩情を湛えて印象的です。
そんなユトリロの版画作品展が阪神梅田本店9階 美術画廊で開催されます。

「サンベルナールの城」ポショワール(縦31×横25cm)
1950年版上サイン

白い壁がいかにもユトリロな、こちらの版画(ポショワール)「サンベルナールの城」には、ユトリロのサインが入っています。
青い空や屋根、ところどころの緑が画面に清涼感を与え、さわやかな印象ですね。


「テルトル広場」リトグラフ(縦26×横31cm)
1924年署名入り

ありふれた街の風景が醸し出す不思議な静謐さ。
ユトリロの版画を静かに眺めながら、時にはエコール・ド・パリの時代に思いを馳せるのも素敵ですね。

◎2012年10月31日(水)~11月6日(火)
◎阪神梅田本店9階 阪神美術画廊


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/04更新)