ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

『フランス祭2013』
フランスの赤の洗練、ワイン文化のエスプリ
「ドミニク・ルトランジェ絵画展 ~ROUGE~」


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2013/4/5
  •  
  •   mixiチェック

『フランス祭2013』、盛り上がっていますね。
「アートステージ」では、日本を愛するフランス人画家、ドミニク・ルトランジェ(Dominique Lutringer)氏の展覧会が開催されていますよ。


「グラスを持つ手」 新聞紙にアクリル 52,500円

赤いワイングラスを掲げる手。勢いのある線。不思議な存在感をたたえた絵画です。

ドミニク・ルトランジェ氏はフランス、ストラスブール生まれ。ストラスブール大学、アートスクールに学び、1992年より日本に在住されています。
2000年にザ・リッツ・カールトン大阪のワインバーのために連作を制作。ワインのグラスやボトルをよく描かれるアーティストとして知られ、ホテルやレストランから多数の作品受注があるそうです。
ミシュランガイド 世界のトップ100シェフが選ぶ100人の作家に指名され、フランスのミシュランガイドの表紙を飾ったこともあり、表紙展でオルセー美術館に作品が展示されました。

フランスワインと言えば、ワインの中でも洗練された上質なイメージがありますね。
ドミニク氏のウイットに富む、小粋な雰囲気の作品は、フランスの洗練されたワイン文化を、そこはかとなく映し出すようです。


ジクレープリント 19×29cm 15,750円

小さなサイズのジクレープリント(版画)は、ダイニングルームやキッチンにも気軽に飾れますね。


ジクレープリント 19×29cm 15,750円

展覧会のテーマは、フレッシュで心躍る“フランスの赤(rouge)”。
赤、ワイン…。大人のおしゃれな静物画です。
ほろ酔い気分で眺められそうですよ。

ちょうどドミニク氏のライブペインティングが行われていました。

ライブペインティングをするドミニク・ルトランジェ氏

スーイスーイと軽快なタッチでペンを走らせるドミニク氏。
時折流ちょうな日本語でチャーミングなジョークも交えます。
あっという間に1枚の絵が仕上がると、観客から「ブラボー!」の歓声が。

ワインをこよなく愛する人が、さりげなくこんな絵を部屋に飾ると、とてもおしゃれな感じがします。
お酒の時間も、きっと小粋に流れるにちがいありません。

■ドミニク・ルトランジェ絵画展 ~ROUGE~
◎阪急うめだ本店 9階 アートステージ
◎2013年4月9日(火)まで
※催し最終日は午後6時終了

◆ドミニク氏のライブペインティング
◎阪急うめだ本店 9階 アートステージ
◎2013年4月7日(日)正午~・午後2時~・午後4時~ 各回約30分


【関連記事】
『フランス祭2013』は楽しい!
祝祭広場のパリマルシェに絵画ショップ「アートアップデコ」出店
シャンタル・ボネヴェイさんのマジカルファンタジーの世界



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/07更新)