ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

やわらかい質感、手作りのぬくもり
奈良井 志野さんの優しい漆


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2013/4/15
  •  
  •   mixiチェック

白漆で猫の絵が描かれた可愛らしいスプーン!

スプーン 猫 各2,835円

こんなかわいいスプーンは初めてです!
作者は漆造形作家の奈良井 志野(ならい しの)さん。


奈良井志野さん

以前、「アートのある暮らし」では一度ご紹介したことがありますが、今回、ご本人が登場してくださいました。
ちなみに奈良井さんが着けていらっしゃるピンクと白のネックレスももちろん奈良井さん作です。漆には珍しいピンクと白。肌なじみが良い色ですね。

さきほどのスプーンを、箸置きにもなる石のオブジェに乗せてみるとこんな感じです。

スプーン 猫 各2,835円
オブジェ (箸置き) カタツムリ 4,200円

「ティースプーンとしても、デザートスプーンとしてもお使いいただけますよ」と奈良井さん。
こんな茶目っ気たっぷりのかわいいスプーンや箸置きをテーブルに出してもらえたら、うれしくなりますよね。

とてもきれいな色のアクセサリーもありました。

ネックレス 蝶々(大)26,250円  蝶々(小)23,100円

漆と言えば、赤や黒が代表的ですが、奈良井さんの作品は、漆とは思えないような淡いパステルカラーのものが特徴的です。ピンクやトルコブルーなど、従来の漆の概念を超えた色合いの漆に銀蒔絵が施された手の込んだ作りです。やわらかく、品の良い優美さがすてきですね。

「ピンクやトルコブルーの色目は、白漆と顔料を自分で調合して作ります。今までの漆にはない中間色が出したくて、自分が着けたくなるような色合いのものを作っています」とおっしゃる奈良井さん。
直接肌に触れるアクセサリー類は、かぶれを防ぐために樹脂加工が施されているそう。

もちろん、伝統的なはっきりした色目の漆も。

帯留め 兎15,750円、椿17,850円、りんごにてんとう虫16,800円

帯留めは差し色の赤が着物にとても映えそうです。
漆独特の柔らかい質感と、手作りならではのぬくもり感が良いですね。

また、気軽に置いて楽しめそうな、小さなフレーム作品も。

フレーム てんとう虫 15,750円

和紙に漆でてんとう虫などの絵が描かれています。まるで本物のようなリアルなてんとう虫! 今にも動き出しそうです。玄関口でも、机の上でも、こんなフレームをさりげなく飾れたらすてきですね。

てんとう虫は、和紙の上のみならず、石の上にも!

オブジェ てんとう虫 7,875円

伝統技法により受け継がれた漆や蒔絵はちょっとハードルが高そうなイメージですが、奈良井さんの漆はソフトで身近なイメージ。優しい漆は、気軽に取り入れて楽しめそうですよ。

■漆と私―奈良井 志野 展
◎阪急うめだ本店 10階「うめだスーク」北街区「from Jim and Della(フロムジムアンドデラ)」
◎2013年4月23日(火)まで
※催し最終日は午後6時終了
※奈良井志野さんは4月21日(日)来店予定です。


【関連記事】
石の上に息づく自然の造形
漆造形作家・奈良井志野さんの小石たちの世界



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/02更新)