ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「土を宝石に変えた鬼才の陶芸家 岡部 嶺男 展」
大阪で初となる大規模な展覧会が阪急うめだギャラリーで開催
代表的名品を含め約150点が一堂に!


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2013/8/21
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


岡部 嶺男 氏

卓抜した腕と類まれなる感性で「鬼才の陶芸家」と評される輝かしい軌跡を美術界に残した、岡部 嶺男氏。
岡部氏の待望の、大阪では初となる大規模な展覧会が阪急うめだ本店、阪急うめだギャラリーで8月21日(水)から開催されます。


粉青瓷袴腰香炉 17.2×13cm 昭和48(1973)年

岡部氏の代名詞ともなっている「青瓷」。
流れるような端正な造りと共に、器全体を覆う貫入(かんにゅう=釉薬と素地の間にできるヒビ状のもの)が宝石のような風雅をまとい、気品あふれる淡い青瓷の色が静謐な空気感を漂わせる香炉。
優美さ、流麗さ。清雅を極める粉青瓷の名品です。


窯変青瓷縄文鼎 33×30.5×39.6cm 昭和43(1968)年

躍動感あふれる鼎(かなえ、てい=中国古代の器物)。
釉薬を厚く掛け、ダイナミックで大胆な造形。
窯変により、独特の色彩を見せる青瓷の美しさ。
力強い器形の存在感には圧倒されるばかり。

青瓷であれば、同じ窯の中で、同じ土、同じ釉薬を、青にも緑にも褐色にも自在に変化させる岡部氏。
「焚き方によって、様々な作品を造り出すことが窯焚きの醍醐味」と生前、岡部氏は述べています。

他の追随を許さない領域にまで、土の芸術を高め、極めた岡部氏。
誰にも到達できない、底知れぬ技術力と造形力に酔い痴れる至福をご堪能ください。

■土を宝石に変えた鬼才の陶芸家 岡部嶺男展 <展示+販売>
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
◎2013年8月21日(水)~8月26日(月) ※催し最終日は午後6時終了
※入場無料

◆トークショー 「永仁の壺事件の真実」
女優 竹下景子さんと岡部嶺男先生息女 岡部美喜さんによるトークショーを開催。
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだホール
◎2013年8月23日(金)午後1時~2時
◎参加費: 2,000円(税込) ※お支払いは当日会場にて。
◎定員: 300名 ※定員になり次第締め切らせていただきます。
※お申込み・お問い合わせは、阪急うめだ本店 7階 美術まで。電話06-6361-1381(代表)

【関連記事】
「永仁の壺事件の真実」が今明かされる?! 女優 竹下景子さんと陶芸家 岡部嶺男先生 息女 岡部美喜さんによるトークショーが阪急うめだホールで開催


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/06更新)