ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

クリスマスの魔法のおまじない
「et momo JAPON(エ モモ ジャポン)」のおとぎの国のジュエリー


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2013/11/12
  •  
  •   mixiチェック

阪急うめだ本店


リング (ローズクォーツ・18金) 

山高帽を長い鼻で支え、大きなローズクォーツを運ぶ小さな小さなゾウさんがリング台に見えるでしょうか。

山梨県甲府市の宝石研磨業の老舗、百瀬貴石株式会社で、オリジナルジュエリーブランド「et momo JAPON(エ モモ ジャポン)」がプロデュースするおとぎの国にいるようなメルヘンなジュエリー。
「e momo JAPON」を手がけるのは、 百瀬 健さんと絵里奈さんご夫妻。
ご主人の健さんは、ブランドのプロデュースから、宝石の研磨まで自らの手で行う若手デザイナーです。

百瀬 健さんの手によりカットされたローズクォーツは百瀬さんのオリジナルカット。
上から見るとローズクォーツはお星様の形をしていました!


リング (パール・18金・シルバー) 

ゾウさんが健気にパールを運ぶ清楚なパールリング。
かわいいゾウさんの姿に愛おしさを感じてしまいます。


リング (ウバロバイト・ルビー) 
ペンダント (チェーン付き)(ウバロバイト・ルビー) 

三角屋根のかわいいお家にルビーのハートがかわいいリングとペンダント。
鮮やかな緑の石は、ウバロバイト(uvarovite)と呼ばれるグリーン・ガーネット。


ペンダント (チェーン付き)(ウバロバイト) 

こちらもウバロバイトが美しい濃緑色を湛えるペンダント。
夜の闇の中で三日月が優しくお家を見守ってくれています。


リング (オパール) 

宵の空が青いオパールで表現されたリング。
リング台の側面には、アルファベットの小文字で「chi chin pui pui(ちちんぷいぷい)」と、おまじないの言葉が刻まれています。


母なる大地が育んだ貴重な宝物である原石を、自然な質感を生かしてカッティングされたリングやペンダント。
百瀬さんの手のぬくもりが感じられるジュエリーには、こどもの頃、だれもが無心に遊んだ遊園地やサーカスやおとぎ話に魅了された想い出が今も優しく息づいています。

ちちんぷいぷい!
さあ、おとぎの国の魔法を唱えてみてください。
今年のクリスマスは、かわいいジュエリーが願い事をかなえてくれるかも!

■「et momo JAPON(エ モモ ジャポン)」
◎阪急うめだ本店 10階 うめだスーク 北街区「GALERIE le ton du temps(ガルレ ル トン デュトン)」

◆【予告】「et momo JAPON(エ モモ ジャポン)」クリスマス特集 <展示販売>
◎阪急うめだ本店 10階 うめだスーク 北街区「GALERIE le ton du temps(ガルレ ル トン デュトン)」
◎2013年12月18日(水)~12月25日(水) ※催し最終日は午後5時終了
※期間中は普段よりも数多くの作品が展示されます。


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/06更新)