ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

日本のガラス~美の競演~
瀬沼 健太郎 十川 賀菜子 作品展
Senuma & Togawa Glass Exhibition


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2014/7/26
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


瀬沼健太郎 「大壺」 194,400円 
十川賀菜子 「玄冬」 キルンキャスト・墨・胡粉・玉虫箔 1,080,000円

西洋の素材であるガラスで日本伝統の造形を作りだす瀬沼 健太郎(せぬま けんたろう)。
板ガラスに水墨画をイメージした絵画的な世界を創作する十川 賀菜子(とがわ かなこ)。
日本のガラス工芸の美の競演が涼やかに楽しめる展覧会が阪急うめだ本店 美術画廊で開催されています。


瀬沼健太郎 「ナヌークの壺」 97,200円

「いわゆる花ばかりでなく、枝や草や葉も“花”ととらえ、花の一瞬の生命をそっとすくいあげ、この星の奇跡に触れる。そんな花のためのガラスを制作する」とおっしゃる瀬沼さん。
「ナヌーク」とはイヌイット(エスキモー)の言葉で、氷海の王者、シロクマのこと。
「ナヌークの壺」から、極北に生きるシロクマや見渡す限り続く氷の世界が見えてきませんか。


瀬沼健太郎 「一草一花」 小 16,200円 (※展示台は付きません)

「“はな”を“いける”という行為はある種の“祈り”のようなもの」。
「一草一花」に活けられた草花。
瑞々しい緑がガラスの中で息づきます。


十川賀菜子「After the Rain」 キルンキャスト・墨・鉄 270,000円

「木々や植物を見ると、生命やエネルギーの凛とした存在を感じる」という十川さん。
雨上がり、葉の上で小さな水滴がきらめく情景が表現された「After the Rain」。


十川賀菜子「HAKU」 キルンキャスト 756,000円 

厳しい夏の暑さを忘れさせてくれるような、清涼なガラス造形。
さわやかにひんやりと、ガラスの中に静かに広がる景色をお楽しみください。

■日本のガラス~美の競演~ 瀬沼 健太郎 十川 賀菜子 作品展 <展示販売>
 Senuma & Togawa Glass Exhibition
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
◎2014年7月29日(火)まで ※催し最終日は午後6時終了

【夏を楽しむアートな暮らし 展覧会関連情報はこちら】
【ハワイアンフェア2014】 南国ムードいっぱいの祝祭広場に「ヘザーブラウンギャラリー」登場!






※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/07/12更新)