ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

『イタリアフェア2014』
ロベルト ピビリ バロック美術とその色彩
Roberto Pibiri ― Baroque Paintings


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2014/11/7
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



今年も阪急うめだ本店の「イタリアフェア2014」が開幕しました!
9階 祝祭広場では、画家 ロベルト ピビリ(Roberto Pibiri)さんのバロック絵画作品が展示されています。


ロベルト ピビリ氏 Roberto Pibiri

1960年イタリア サルディーニャ生まれのピビリさん。
美術高等専門学校 Instituto d'Arte di Spoleto卒業後、現代美術の巨匠 Stefeno Di Stasio氏のアシスタントを務めました。
イタリアや日本で展覧会を精力的に行い、現在はイタリア スポレートと日本を行き来しながら、双方で制作活動を行う親日家です。



ピビリさんが今回手掛けているのは、バロック美術と呼ばれる様式の絵画。
劇的な描写方法や豊かで深い色彩、強い明暗法が特徴的です。
イタリアでは、カラヴァッジオ(Michelangelo Merisi da Caravaggio, 1571-1610)などがバロック絵画を代表する画家として知られていますね。


「楽園1」 油彩画 25×25cm 48,600円

光と影のコントラストがドラマチックな油彩の静物画「楽園1」。
豊饒な果実の生命力がみなぎる鮮やかな色彩。
キャンバスを引っ掻くダイナミックな技法により、独特のマチエールが生まれています。


「アポロとダフネ」 油彩画 F10号 179,280円 

バロック芸術の巨匠 ベルニーニ(Gian Lorenzo Bernini,1598-1680)の傑作と名高い彫刻「アポロとダフネ」をコロッセオを背景に構成されたシュールな油彩画「アポロとダフネ」。
敢えて額装せず、キャンバスをそのまま壁面に飾ることができる仕様になっています。


祝祭広場ではピビリさんのバロック絵画と彫刻家 中村真木さんの大理石彫刻が美しいコントラストに。

ダイナミックな筆致や動的な画面構成。
劇的な光と影が交錯する現代イタリアのバロック絵画。
豊饒な色彩によるイタリアの今をお楽しみください。

■ロベルト ピビリ バロック美術とその色彩 <展示販売>
◎11月5日(水)~11月11日(火) ※催し最終日は午後6時まで
◎阪急うめだ本店 9階 祝祭広場

■ロベルト ピビリ トークショー
◎11月8日(土)午後5時から(約30分)
◎阪急うめだ本店 9階 祝祭広場
◎テーマ:17世紀ローマの画家と食卓

◆『イタリア2014』 関連記事はこちら
▼『イタリアフェア2014』 スペイン広場のような祝祭広場にイタリア育ちの彫刻家 中村 真木さんの大理石彫刻が登場! SCULPTOR - MAKI NAKAMURA







▼『イタリア2014』 おかい みほ 絵画原画と油彩・陶造形展 ~イタリア日和~ Esposizione di Miho Okai







▼『イタリアフェア2014』 「ヤマザキマリ テルマエ・ロマエ原画展」開幕! 古代ローマの魅力にタイムスリップ!







▼『イタリアフェア2014』 「ヤマザキマリ テルマエ・ロマエ原画展」 ヤマザキマリさんのトークショー&サイン会も開催!








※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る