ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

自然賛歌・人間賛歌・生命賛歌を描く
櫻井 孝美 洋画展


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/1/7
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


富嶽・雷神 F10号 
1,188,000円

山梨県の富士吉田にアトリエを構え、古くから日本の象徴とされる富士山を独特のタッチで描く画家、櫻井 孝美(さくらい たかよし、1944-)さん。
油彩による絵画制作ですが、日本画の材料である紙や顔料・岩絵の具等を用いた創作研究も行われています。
1988年には「第31回安井賞展」で“画壇の芥川賞”とも言われる安井賞を受賞し、その名を広く知らしめることとなりました。

江戸時代初期の謎の画家、俵屋 宗達(たわらや そうたつ、生没年不詳)の最高傑作と言われる「風神雷神図屏風」から着想を得て描かれた「富嶽・雷神」。


富嶽・風神 F10号 
1,188,000円 

「富嶽・雷神」と対をなす「富嶽・風神」。
美術史上に燦然と輝く宗達の風神・雷神が新たな解釈で富士と共によみがえります。


富嶽・汎 F10号 
1,188,000円

標高3,776メートルの日本最高峰の霊峰をこよなく愛する櫻井さん。
刻々と変化する富士山の表情を大胆な意匠と力強い筆遣いで表現されています。


富嶽・凛 サムホール 
388,800円

月の光を浴びて青白く浮かび上がる神秘的な富嶽。
凛とした空気感が画面から漂ってくるようです。


欣 F6号 
712,800円

卓上で咲き誇る色とりどりの大輪のバラ。
いけられた花瓶にも真っ青な富士山と朝日が投影されています。




日本と西洋のテクニックを闊達な筆致で融合させた画面。
色鮮やかに躍動感あふれ、自然、人間、生命を高らかに讃えます。

■自然賛歌・人間賛歌・生命賛歌を描く 櫻井 孝美 洋画展 <展示販売>
◎1月7日(水)~1月13日(火) ※催し最終日は午後6時終了
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊 
※1月10日(土)・11日(日)作家来場予定です。

◆日本文化のアート 関連記事
【予告】「アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~」 日本中が熱狂した魅惑の水中アートの世界へいざ!


※Facebookページにジャンプします



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/10/20更新)