ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

河井 久さんの“用の美”の器に包まれる暮らし


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/4/25
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


掻落鉢 径33.5×高さ8cm 172,800円

花びらの文様が掻き落としの技法で表現された「掻落鉢(かきおとしばち)」。
器の表面の釉(うわぐすり)や化粧土を掻き落として模様を表す“掻落(かきおとし)”は中国の磁州窯などで多用されていた伝統的な装飾技法。
大らかな“用の美”が息づく器は陶芸家・河井 久(かわい ひさし、1942-)さんの手によるもの。


辰砂刻紋壷 216,000円

阪急うめだ本店 美術画廊では、回を重ねること31回! という河井さんの作陶展が開かれています。
毎年この季節に新たな作品に出会える喜びをかみしめているファンも多数! かくいう私もその一人です。


河井 久さん

会場では昨年同様、にこやかな河井さんの姿が。
会期中は来廊されていますので、ちょっぴりシャイな河井さんの優しさに包まれてみてください!


唐草紋六角壷 216,000円

滋賀県志賀町に猿子田窯(さるこでんかま)を開く河井さんの大叔父は、かの民芸陶器の巨匠・河井 寬次郎(かわい かんじろう、1890-1966)。
京都五条坂の大叔父や叔父の河井 武一の元で修業を積み、民藝の偉大なる先輩たちの影響が作品にも色濃く反映されています。


白萩鎬水指 91,800円

ふくよかな丸みを帯びた胴体にリズミカルに入れられた鎬(しのぎ)。
飾らない自然体のまろやかさに魅了されます。


鈎窯壷 97,200円

中国北宋代の名窯のひとつである、鈎窯(きんよう)。
白濁した幻想的なラベンダー釉が特徴的です。


呉洲面取組皿(6枚組) 43,200円

寬次郎大叔父には「食器を作れ、食器を勉強しろ」と何度も言われたという河井さん。
使いやすく、細部まで丁寧にヤスリがけされた器は、触れるたびに心地良い感触が味わえます。
普段の暮らしに使うものだからこそ、すみずみまで愛情が込められた器を選びたいですよね。



■第31回 河井 久 作陶展 <展示販売>
◎4月22日(水)~4月28日(火) ※催し最終日は午後6時終了
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊

美術画廊ではこちらも開催!
▼―絵画が紡ぎだす物語の世界― 中村太樹男展 阪急うめだ本店】


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/07/08更新)