ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

―森のささやき― 泉 和博 洋画展


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/5/9
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


新緑の散歩道 F4号 108,000円

澄んだ空気、水、森への郷愁から、「森と水辺の光ただよう安らぎの空間」をいつも大切にしながらキャンバスにむかっているという、洋画家・泉 和博さん。
透明感あふれる緑は思わず深呼吸したくなるような清浄さ。
阪神美術画廊で2回目となる泉さんの洋画展に行ってきました!


泉 和博さん

泉さんは1947年、京都府舞鶴市生まれ。
1970年、同志社大学を卒業後、同郷・舞鶴市の画家・山根 由一氏に師事。
現在は、舞鶴市と大阪府河内長野市にアトリエを構え、創作活動に励まれる日々です。


白樺(冬の装い) F6号 162,000円
 
主に信州をはじめとする国内の森を訪れ、四季折々の自然の風景を油彩で描く泉さん。
澄み切った青空に向かい、まっすぐに伸びる白樺。
樹皮の白と空の青が清らかなコントラストを見せます。


朝もやⅡ F6号 162,000円

「とにかく緑が大好きです。緑を見ているとやすらぎを得られますから。緑に光が差し込む景色の何とも言えない空気感を描きたいのです」と語る泉さん。
画面からはあふれるように穏やかな光が差し込み、あたたかく森を照らします。


春のせせらぎ サムホール 64,800円

「水の表情を描くのはとても難しく感じます。光と水のバランスに苦労するのですが、光に映える水面(みなも)を描くのは実は楽しいのです」と泉さん。


峠一景 サムホール 64,800円

晴れやかな画面から立ちのぼるのは日本特有のやわらかな空気。
時間により刻々と変化する陽ざしの色。それとともに変わる葉の緑、木の陰、空気…。
泉さんが追求する理想の光が立ち込める森のささやき。
郷愁あふれる画面から立ち上がる心地良さに包まれてみてください。



■―森のささやき― 泉 和博 洋画展 <展示販売>
◎5月6日(水・振替休日)~5月12日(火) ※催し最終日は午後5時終了
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊
※5月9日(土)・10日(日)は作家来場予定です。

◆開催中の展覧会 関連記事はこちら
▼―エコール・ド・パリの画家たちと共に― 藤田 嗣治 作品展 阪神梅田本店】

▼ガラス工芸作家 国の「現代の名工」 黒木 国昭氏が挑む日本の伝統美 阪急うめだ本店】

▼ガラス工芸作家 国の「現代の名工」 第29回 黒木 国昭展 【阪急うめだ本店】


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/07/11更新)