ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「岸野 寛 陶展」
古陶の趣を楽しむ器


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/10/29
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


焼〆広口壺 194,400円

古陶の趣をたたえた堂々とした広口壺。
作者は三重県伊賀市丸柱で作陶に励む「寛白窯(かんぱくがま)」 岸野 寛(きしの かん)さん。


焼〆窯変蹲壺 64,800円

岸野さんは1975年、京都市生まれ。
京都市立銅陀美術工芸高校陶芸科を卒業後、伊賀土楽窯・福森 雅武(ふくもり まさたけ、1944-)氏に師事。
2004年、伊賀丸柱に薪窯を築窯。以来、伊賀をはじめとする焼〆や白釉など、幅広い技法を駆使して制作されています。


焼〆砕貝文扁壺 162,000円

制作の手本としているのは、各地の古陶。
伊賀の自然に身を委ねながらの作陶には飽くなき探求心と確かな技術が宿ります。


白釉扁壺 21,600円

なめらかな釉調に漂う気品。
岸野作品を特徴付ける柔和な白釉はどこまでも清らかでまろやか。



力強い焼〆。たおやかな白釉。
穏やかに心地良く、日々を彩る器たちです。


岸野 寛さん

■岸野 寛 陶展 <展示販売>
◎10月28日(水)~11月3日(火・祝)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了


◆美術画廊ではこちらも開催
▼「川端 紘一 スケッチ展」 墨が彩る豊かな詩情


◆阪急うめだギャラリーでは
▼漆の未来を見てほしいⅡ 日本漆山脈 ~全国の作り手の毎日使いたい漆の器~



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/05更新)