ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

2015年 歳末美術展 [九谷焼 米久和彦 特集]


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2015/12/12
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


「赤絵金襴手 牡丹唐草文 鳳凰図 仙盞瓶」
高さ24.5×幅16.9×奥行 10.1cm 648,000円


近現代の人気美術作家の作品を一堂に集める阪神梅田本店の「歳末美術展 2015」。
中でも注目は九谷焼の精鋭、米久 和彦(こめきゅう かずひこ)さんの特集。


米久 和彦さん

米久 和彦さんは1968年、石川県能美市生まれ。
1990年、金沢美術工芸大学美術学科(油絵)を卒業。1992年、石川県立九谷焼技術研修所専門コースを卒業。
その後、米久窯を立ち上げました。


「赤絵金襴手 白金襴手 牡丹唐草鳳凰図 飾皿」
径47×高さ9.4cm 1,944,000円


九谷焼の中でも特に緻密な「赤絵」の仕事。
ベンガラと呼ばれる赤い顔料を使い、金襴を施して仕上げられた精緻な「金襴手(きんらんで)」。


「赤網手細描小紋 群蝶図 ポプリ入れ」 
径16×高さ17cm 648,000円


極細の筆で緻密に描かれた優美な蝶が艶やかに白地の上に舞い飛びます。


「赤絵白金襴手 七宝文宝尽くし 香炉」
径11.3×高さ12cm 432,000円


縁起の良い赤と金。
格調高く空間を彩る「細密赤絵」作品をお正月のお飾りにいかがでしょうか。

■2015年 歳末美術展 <展示販売>
◎12月16日(水)~22日(火)
◎阪神梅田本店 8階催場
※催し最終日は午後6時終了

◆作家来場
◎12月19日(土)・20日(日)


▼2015年 歳末美術展 [日本画編]



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/02/24更新)