ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

松﨑 融 木漆展
手に包み込みたくなるような木や漆


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2016/1/8
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


黒漆楕円重箱 378,000円

木地の力強さが湧き出るような造形に、素朴な風合いを求め塗り重ねられた漆。
思わず手を触れたくなるような温かみのある木漆作品の作者は松﨑 融(まつざき とおる)さん。


朱漆花形箱 16×30.5×13cm 324,000円

典型的な輪島塗りとは異なる、おおらかな質感。
緊張感を孕む木地に荒々しい表面感を持たせた漆の塗りが独特の存在感を放ちます。


黒漆丸鎬水指 270,000円

「生漆(きうるし)を塗り重ねて黒い色を出すので、黒漆でも真っ黒ではなく、茶色を帯びた柔らかい黒。生漆は木の色をしていますから」と語る融さん。
自然の色を塗り重ねるからこそ、ぬくもりのある黒の発色が生まれます。


朱漆花形盒子 108,000円

古い根来塗りを思わせる朱漆の盒子(ごうす)。
朱色の下に重ねた黒漆を所々敢えてのぞかせ、年月を経たような、かせた風合いに。


黒漆銀塗分茶椀 194,400円
黒漆丸盆 324,000円


「漆を塗り重ねていって、どこで塗るのを止めるか、そこを見極めるのが僕の仕事です」
創作に込められた強い想い、研ぎ澄まされた感性が作品に宿ります。


黒漆銀塗分組小皿 6枚組 64,800円

健康的な美意識から生まれる独自の世界観を持つ漆。
手に包み込みたくなるような、あたたかい漆の器が今の暮らしを優しく彩ってくれそうです。



■松﨑 融 木漆展 <展示販売>
◎1月6日(水)~12日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

【関連記事】
▼「中澤孝典 絵画展「綴(つづり)」「松﨑融 木漆展」開催のお知らせ

▼平成二十八年を祝ういけばなのウインドー



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/05/30更新)