ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

【予告】「2016年 日本画・洋画 名品展」
心に響く端正な絵画表現


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2016/1/17
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店

心ときめかせ、心なごませる、名作と呼ばれる絵画。
阪神美術画廊では日本画壇・洋画壇を代表する人気作家の作品を集めた名品展が1月20日(水)から開催されます。


松尾 敏男 「初春」(F6号)

日本芸術院会員、文化功労者(2000)、文化勲章受章(2012)の日本画家、松尾 敏男(まつお としお、1926-)。
紅白の花がほころぶ梅。静かに遠く目を馳せる一羽の小鳥。
春の訪れを清雅な画面で気高く謳う「初春」。


西村 龍介 「静日」(F4号)

ヨーロッパ各地の森と水に囲まれた詩情豊かな“古城”シリーズを生涯描き続けた、洋画家・西村 龍介(にしむら りゅうすけ、1920-2005)。


心に響く端正な描写、構図の妙。
画家たちの情熱が静かにひた寄せる名品を、自室でゆっくりと眺める贅沢を味わってみてはいかがでしょうか。

[主な出品作家]
日本画:中島 千波、中路 融人、吉村 誠司 他
洋画:児玉 幸雄、島田 章三、谷川 泰宏 他
※五十音順、敬称略。
出品作家は変更になる場合がございます。


■2016年 日本画・洋画 名品展 <展示販売>
◎1月20日(水)~26日(火)
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊
※催し最終日は午後5時終了

【関連記事】
おしゃれなアート本 芸術家たちの素顔シリーズ 阪急メンズ大阪】



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/05/30更新)