ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

井口 大輔 銹陶展
風化の時間を閉じ込めた器


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2016/6/18
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


銹陶銀彩壺 
奥行き16.5×幅18.5×高さ21.3cm 183,600円


次世代の陶芸家として注目を浴びる人気の気鋭作家、井口 大輔(いぐち だいすけ)さんの個展が阪急うめだ本店 美術画廊で開催されています!


銹陶銀彩壺 140,400円

「銹陶(しゅうとう)」という聞き慣れない言葉は、井口さんが編み出し、名づけたという技法名。
その名の通り、さびた風合いの独特の器肌が特徴的です。


黒銹陶壺 194,400円

井口さんの成形は多くは手びねりで。
「紐づくり」と呼ばれる成形法により、遊び心のある造形が変幻自在に生み出されます。


銹陶銀彩茶碗 108,000円

今展での新境地とも言うべき技法は、小さなお団子状の土をいくつも重ねて引きのばした「玉づくり」。
ロクロ成形ではできない、表面に微妙な凹凸が現れ、さらに味わい深い侘びた風趣が楽しめます。


銹陶銀彩器 108,000円

なめらかにうねる縞模様の幅も口縁部に向かうにつれ、徐々に細くなるデザイン。
手間暇のかかる美しい線条表現は、井口さんならではの独創性。


黒銹陶銀彩香炉 162,000円

須恵器のようなかせた器肌をさらにワイヤーブラシで丁寧に磨き、創り出される錆びた風合い。
はるか彼方の風化の時が凝縮する、新しい銹陶表現を楽しんでみてください。


黒銹陶銀彩徳利 23,760円
銹陶銀彩ぐい呑 17,280円


■井口 大輔 銹陶展 <展示販売>
◎6月15日(水)~21日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了


【アートな暮らし 関連記事】
▼榎並 和春 絵画展 いつでも、どこでも、だれにでもあるもの


▼日本初公開『ル・テアトル・ディオール(Le Théâtre Dior)』 森 星さんが来店!


▼小暮 紀一・林 裕子 コアガラスとトンボ玉装身具展 時空を超え甦る古代のロマン 阪神梅田本店】


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/02更新)