ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

美濃の伝統と革新
「第13回 阪口 浩史 作陶展」


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2016/6/20
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


織部茶盌
径13.2×高さ8cm
194,400円


1969年、岐阜県飛騨市神岡町生まれ。
美濃焼の地、多治見市で日々土と向き合い、炎をみつめる陶芸家、阪口 浩史(さかぐち ひろし)さんの作陶展が阪神梅田画廊で6月22日(水)から開催されます。


紅紫水指
径19.2×高さ19.5cm
162,000円


美濃陶芸大賞を2010年、2012年、2014年と受賞され、美濃陶芸界の期待を一身に担う阪口さん。
美濃焼を代表する「志野」や「織部」に加え、今展では艶やかな「紅紫」も出品。
土と炎が織りなす美しき色彩と造形をご堪能ください。

■第13回 阪口 浩史 作陶展 <展示販売>
◎6月22日(水)~28日(火)
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊
※催し最終日は午後5時終了


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/02更新)