ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

『英国フェア2016』
クライヴ・ボウエンと英国の現代陶芸作家展


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2016/10/13
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


クライヴ・ボウエン(Clive Bowen)さん

『英国フェア2016』がスタート!
阪急うめだ本店全館が英国ムードに包まれる中、阪急うめだギャラリーではイギリスの陶芸家、クライヴ・ボウエンさんをはじめとする現代陶芸作家たちの展覧会が開催されています!
会場にはにこやかなクライヴさんの姿がありました。




縁あって、英国現代陶芸の祖と言われるバーナード・リーチの次男マイケルと出会い、陶芸の道に進んだというクライヴさん。
手仕事のぬくもりを感じさせるスリップウェアが並びます。



クライヴさんのイギリス・デボンの自宅のキッチンやダイニングをそのまま再現したような展示風景にうっとり!


松崎 健さんとクライヴ・ボウエンさん

展覧会初日には、7階 美術画廊で陶芸展を開催中の陶芸家・松崎 健さんもクライヴさんの会場に登場!
クライヴさんは今年、松崎さんの工房のある益子でも制作をしたそう。
このツーショットを見られるなんて、うれし過ぎますね!


リーチ工房

会場には1920年、バーナード・リーチと濱田 庄司がセントアイヴスに設立した「リーチ工房」のスリップウェア作品など人気作家たちの作品も。





現代へ受け継がれるバーナード・リーチの精神。
美しい手仕事のスリップウェアで暮らしを豊かに彩ってみてはいかがでしょうか。

[出展作家・工房]
クライヴ・ボウエン、リーチ工房、ジョン・リーチ工房、ペニー・シンプソン、ディラン・ボウエン、ジャック・ドハティ、プルー・クーパー、フィリップ・ウッド、ジェニファー・ホール

■クライヴ・ボウエンと英国の現代陶芸作家展 <展示販売/入場無料>
◎10月12日(水)~17日(月)
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
※催し最終日は午後6時閉場

◆ギャラリー・トーク クライヴ・ボウエン「バーナード・リーチと私」
◎10月15日(土)・16日(日)各日午後2時~
クライヴ・ボウエン氏が、バーナード・リーチ、そして師匠であるリーチの次男マイケル・リーチについて語ります。


【アートな『英国フェア2016』こちらもオススメ】
▼ロンドン発アートなストールブランド「PAZUKI(パズキ)」!



▼特設ページはこちら▼


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/12/04更新)