ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

井上 直久 絵画展
世界はもっとキレイにみえる!


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2017/2/22
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


天空の王国
変形30号 絵画 1,188,000円


朝の風、草の香りに春を心待ちにする季節、春の香りを運んでくるような、井上 直久(いのうえ なおひさ)さんの絵画展が阪急うめだ本店 美術画廊でスタートしました!


井上 直久さん

1995年、スタジオジブリ映画「耳をすませば」で挿話の背景画を担当し、宮崎 駿監督の短編映画「星をかった日」に原作を提供したことでも知られる井上さん。
幻想世界「イバラード」をテーマとする心の景色を三十年余り描き続け、2007年には動く映像画集「イバラード時間」で初監督を務めました。
国内外での展覧会をはじめ、画集等の出版物や映像作品などさまざまな活動を精力的に続けられています。


角の店に花咲く
F6号 絵画 518,400円


可愛いお店から色とりどりの花がたわわに咲き乱れる「角の店に花咲く」。


古都の新しい朝
F6号 絵画 518,400円


円形をした伝説の都に降りそそぐ朝の光。
少女や動物たちもすがすがしい空気に包まれます。


通い路の楽しみ
S0号 原画 183,600円


花々の咲く道を行く少女。かぐわしい花の香り。
画面から幸福感がみちあふれます。


旅の記憶
F6号 絵画 518,400円


不思議な都市を旅する少女。
約束の地はいつか来た場所なのかもしれません。


ブランチの魅惑
M6号 絵画 432,000円


テーブルに並ぶ美味しそうなごちそう。
不思議な生き物も、ごちそうに釘付けに。


ナイトブリーズ
F4号 版画手彩 172,800円


ひんやりと心地良い夜風。
黄昏時の空にはもう星々がきらめきます。



「独創が刺激となり、これを見た作家の新たな独創を呼ぶ。そんな連鎖が、芸術活動の理想ではないかと思います。敬慕する巨匠、若き日の自作、志を共にする仲間たち、同じ時代にある感謝を込めて、いま感じた新たな視点を、これまでに無い形、自分の心の形にしてみました」と言う井上さん。



心にしまっていた懐かしい景色。
忘れられない喜びが春風とともに優しく呼び覚まされる情景。
さわやかな春の足音が聞こえるでしょうか。

■井上 直久 絵画展 [展示販売]
◎2月22日(水)~28日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

◆井上 直久先生によるギャラリートーク(事前予約不要)
◎2月25日(土)午後2時~午後3時
たむらしげるさん、宮崎 駿さんとの出会い、尊敬と感謝と驚嘆。
今春の新刊に収録した感慨深い対話などについて。


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/11/25更新)