ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

あなたを守る、優しい“想談”相手
「松崎 勝美 石彫展 想守〈おまもり〉」


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2017/3/18
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


「ようこそ」
129,600円など


ふんわり優しい表情の童像や可愛い動物……。
京都の石彫家、松崎 勝美(まつざき かつよし)さんの個展が開催されている阪急うめだ本店 美術画廊。
会場の一角には石が敷き詰められ、さながら和風の庭を思わせるしつらいが!


「ちゅっ」
86,400円


1959年、京都人形頭師 川瀬 猪山(かわせ ちょざん)を曽祖父に持ち、京都に生まれた松崎さん。
1986年より石の仕事に入り、全国各地をはじめ、アメリカ、フランス、台湾、香港、韓国など世界各地でも個展を開催。
成田国際空港の第2ターミナル・サテライト到着コンコースのアートワークを手がけるなど、国際的な活動を精力的に行っています。


「あかり」
77,760円


石本来の形が活かされた、存在感のある「あかり」。
シンプルで素朴な造形も、どこかしら柔らかく、ぬくもりのある雰囲気です。


「ぷかぷか」
280,800円


作品に込められるのは、「想守(おまもり)」というコンセプト。
石像は静かに佇み、見る人をあたたかく見守ります。


「福」 41,040円
「名前をつけてください」 各34,560円~


制作に用いられるのは主に兵庫県高砂市で採取される「竜山石(たつやまいし)」。
古代では大和朝廷時代に石棺として使用されていた硬い石が、松崎作品では驚くほど柔らかくまろやかな表情に!



硬く、寡黙なものの中にある穏やかさ。
あなたを守る、優しい“想談”相手が目の前で微笑んでくれるかもしれません。

■松崎 勝美 石彫展 想守〈おまもり〉 [展示販売]
◎3月15日(水)~21日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了


◆アートな暮らし 関連記事
▼原点への回帰 「第8回 藤井 路夫 油絵展」


▼ボヘミアガラスの魅力 創業160周年「モーゼル展」 同時開催「エーゲルマン展」


▼『ジャマン・ピュエッシュ』 メキシコのエスプリを散りばめた色彩豊かなバッグたち!


▼『春のアクセサリーフェア』 春気分を上げてくれるキュートな「ポムドール by 粒粒庵]


▼『春のアクセサリーフェア』 オリエンタルテイストが光る「ばすらばすら」




※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る