ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

無限の広がりを感じさせる青の世界
画業50年の歩み 村居正之作品展


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2017/6/19
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店
◎2017年6月21日(水)~26日(月)
※最終日は午後6時閉場


月照
縦190×横190cm 2016年


“青い墨絵”と評される、群青の世界。
古希を迎え、画業50年を迎える日本画家・村居 正之(むらい まさゆき)の代表作から最新作まで約50点を一堂に集めた展覧会が阪急うめだギャラリーで開催されます。


村居 正之

村居さんは1947年、京都市生まれ。
1966年に京都市立日吉ヶ丘高校日本画科を卒業後、青塔社に入塾し、文化勲章受章作家・池田 遙邨(いけだ ようそん、1895-1988)に師事。
「初めての山を登れ」という師の教えのもとに常に新たな日本画の表現に挑んできました。


燿く夜
縦170×横450cm 2002年


自然やギリシャの建造物と対峙し、試行錯誤の末にたどり着いた色が深い海や空を感じさせる群青色。
青一色で明暗を表現し、無限の広がりを感じさせる作品は日本画壇において高い評価を得ています。



縦162×横300cm 1999年

風化した古代遺跡を包む光と影。
時が止まったかのような「刻」。



耀
縦170×横320cm 2007年


会場ではアトリエを再現し、創作の秘密に迫ります。
どこまでも深く、神秘的な青の世界に静かに包まれてみてはいかがでしょうか。

■画業50年の歩み 村居正之作品展 [展示販売・入場無料]
◎2017年6月21日(水)~26日(月)
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
※最終日は午後6時閉場

◆ギャラリートーク
◎6月24日(土)・25日(日) 各日午後2時~(約30分) 
※予約不要


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2017/10/24更新)