ライフスタイルニュース

心地よい大人時間

職人の技によって昔ながらの製法にこだわってできる「開化堂」の手作り“茶筒 ”2期棟オープンで装いも新たに品ぞろえも充実


上質な日々

  • 更新日: 2012/10/26
  •  
  •   mixiチェック

いちど開封したお茶の葉をどのように保存されていますか。密封して保存していないと、葉に匂いが移ってしまい、お茶の葉本来の香が変わってしまったり、湿気によって状態が変化してしまったことはないでしょうか。開封したときのまま使いきるまでたもつのは難しいですよね。その点を解決してくれる容器 “茶筒” をみつけました。



昔ながらの手法を受継ぎ職人の技でつくられた、こちらの「開化堂」の“茶筒”は、蓋を閉めるとき上蓋と下蓋の継目を合わせるだけで、力を入れずに重みでゆっくりスーと落ちていきます。手作りならではの精密さ、高い気密性により湿気をよびにくい造りになっているそうです。これこそ明治八年創業の歴史をもつ「開化堂」の職人の技ですね。



銅製の茶筒は、毎日使うことで銅の風合が変化し、使えば使うほどまろやかな艶が出て、味わい深くなっていくそう。光沢と色の変化を楽しんでいただけるとともに、手にすると何ともいえないぬくもりを感じることができそうです。使い方によって色の変化が少しづつ違ってくるので、日に日に“自分だけのもの”として愛着が増しますね。毎日のお茶の時間が待遠しくなりそうです。

緑茶の葉だけではなく、コーヒーや紅茶、乾物などの保存にもいいですよね。








なんと!パスタ用の缶もありました。こちらはブリキ製でパスタの量を測る“パスタメジャー”付きです。使いきれなかったパスタを、次の日慌てて使うこともなくなりそうです。





2期棟オープンを記念して、阪急百貨店限定で「開化堂」のコーヒー缶と「金網つじ」のコーヒー用さじのセットが登場します。伝統の技を受け継いだ手作りならではのブランドのコラボセットは魅力的です。



見た目の美しさはもちろんのこと、使いやす
さやぬくもりを感じられる「開化堂」の“茶筒”長年使うことで、表面の変化を楽しめる茶筒は、今まで保存方法に困っていた私を助けてくれそうです。


◆ご紹介した商品

「開化堂」
茶筒 平型 (200g、銅)10,500円
コーヒー缶 (200g、ブリキ、スプーン付き)17,325円
パスタ缶 (1kg、ブリキ、パスタメジャー付き)16,800円
「開化堂」コーヒー缶×「金網つじ」コーヒー用さじセット 24,675円【阪急百貨店限定】

◎阪急うめだ本店 7階 和食器


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る