ライフスタイルニュース

Fun!Fun!ファミリー

いま最もCOOLな日本の遊び“KENDAMA(けん玉)”


Happy!ファミリー

  • 更新日: 2015/2/27
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


けん玉=昔ながらのこどもの遊び、というイメージはもう古い。
日本のCOOLな遊び・スポーツとして、いまや世界中で愛されているけん玉。最近では、海外からの逆輸入という形で日本でもトレンドに敏感な若者を中心に人気が広がっています。

そんなけん玉ブームの火付け役と言っても過言ではないコダマンとイージーによるけん玉パフォーマンスコンビ「ず~まだんけ」。“けん玉のイメージを変える”をモットーに、音楽やダンスをけん玉と融合させたパフォーマンスは、カッコよくてこどもたちからは羨望の眼差しを受けています。そんな2人が祝祭広場にやってきますよ!

■ず~まだんけ けん玉パフォーマンス
◎2月28日(土) 午後6時から、3月1日(日) 午後5時から

祝祭広場には2月25日(水)から「Kendama World Selection」が登場しています。



み、見て!大きいでしょう?玉はこどもの頭ほどもある大きなけん玉。



(左)「KROMけん玉」 43,200円、(右)日本けん玉協会認定けん玉 1,720円

普通のサイズのけん玉と比べると大きさは一目瞭然!このけん玉を扱える人は早々いないかもしれませんが…話のネタとしてはおもしろいでしょ?(部屋に飾ったりしてもいいかも!)


「KROM Kendama」 7,020円

スタイリッシュな印象の「KROM Kendama(クロムけん玉)」。デンマーク発のけん玉ですが、日本のものよりスタイリッシュでかっこいい印象。なめらかな握り心地なので、使い心地も最高です。


「Sweets Kendamas」(左から)4,860円、6,480円、7,020円

あま~いスイーツをイメージしてデザインされたアメリカ発の「Sweets Kendamas(スイーツけん玉)」。人と違うけん玉を使ってみたい人。おしゃれなけん玉を使ってみたい人に、人気のけん玉です。


「Terra kendama」2,700円

何これ?これもけん玉?



そうなんです。「Terra kendama(テラけん玉)」の創業者 Alex Smith(アレックス スミス)氏が考案した、卵を二つに割ったような形のけん玉。シンプルなのに遊び方がたくさんあるので、いろんな遊び方を発見してみてね。持ってるとちょっと自慢になりそう!



ず~まだんけがパフォーマンスに使うけん玉「夢元無双(むげんむそう)」の新色“Zoomadanke Ruby Red(ず~まだんけ ルビー レッド)”の先行発売を2月28日(土)午後4時から販売するので、こちらも要チェック!



「Kendama World Selection」のコーナーは、祝祭広場のちょうど真ん中あたり。メリーゴーランドが目印ですよ♪ぜひ、お子さんといっしょに遊びに行ってみてくださいね。

■ファッション遊園地
◎3月9日(月)まで※最終日は午後6時終了
◎阪急うめだ本店 9階 祝祭広場「Kendama World Selection」

ファッション遊園地関連記事
▼作る、デザインする、おしゃれする。「INSTANT JEWEL」

▼「D-BROS」の絶対に割れないフラワーベース

▼“プレイフル”な1点ものたちにキュン♡








Facebookページにジャンプしま


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/10/23更新)