ライフスタイルニュース

Fun!Fun!ファミリー

『初夏の北海道物産大会』自然の中から色をいただく「トナカイ」の手作りクレヨン


Happy!ファミリー

  • 更新日: 2016/4/16
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



トナカイのイラストと立派な木箱。
実はこれ、クレヨンなんです!



北海道で作られている「トナカイ」のクレヨン。
石油ではなく自然の草木、土、実などから顔料を作り、それに蜜蝋を混ぜて作られています。
顔料は100gの材料から10gほどしか取れず、顔料ができるまで2週間もかかるんだとか。
その後、顔料と蜜蝋を型枠に入れて太陽と風の力で乾燥。クレヨンに仕上げるまでさらに1ヵ月!
完成しても、描き心地で納得いかなければ再度溶かして作りなおすというこだわり!
トナカイのイラストは、オーナーの息子さんがなんと4歳のときにパソコンで描いたものなんだそう。とってもキュートですよね♪



クレヨンをみてみると、すこし暗く鮮やかな色がないように思いますが、描いてみると全然違った優しい色。
クレヨンには原色の名前ではなく、それぞれの「材料」が名前としてついています。



こちらは「インドアイ」という植物からとれた青色のクレヨン。
インドアイは空気に触れると青くなる色素をもつ植物だそうですよ!



この明るい黄色は「エンジュ」という花のつぼみが使われているそう。とても優しい色ですよね。



そして一見普通の黒色の「スス」は、よく見ると少しグレーの混ざったような、なんとも言えない柔らかな雰囲気を持っています。こちらは松を燃やしたものからできた色です。



こどもの小さな手にぴったりのサイズ感がとってもかわいらしい☆


自然素材を使ったクレヨン20色 7,800円

また、「トナカイ」のクレヨンは、描いたあと水に濡らした指でこすって水彩画のようににじませることもできるので、大人も楽しめそう♪
少し不格好でふぞろいですが、ひとつひとつ丁寧に、愛情をもって作られたクレヨンたち。
ぜひ手に取って、思うままに描いてみてくださいね☆


『初夏の北海道物産大会
◎4月20日(水)~26日(火)
◎9階催場・祝祭広場
※催し最終日は午後6時終了
※祝祭広場は25日(月)まで



Facebookページにジャンプしま


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2021/05/07更新)