ライフスタイルニュース

Kawaii 雑貨

美しい海を見に行きたくなるグリーン
「犬島時間2013」


雑貨日記

  • 更新日: 2013/4/13
  •  
  •   mixiチェック



2004年から毎年開催されているアートプロジェクト「犬島時間」。瀬戸内に浮かぶ島「犬島」のシンボルともいえる精錬所跡の煙突、島の自然や歴史、文化、風習など、犬島の新たな魅力を発見し「人と人との繋がり」を通して「犬島をモデルとした過疎地における文化を媒体とするコミュニケーションの再構築」をテーマに、アートを通じてコミュニケーションを図ることを目的としたプロジェクトです。



今年で10年目を迎えるこの「犬島時間」が阪急うめだ本店10階「うめだスーク」に登場しました。
犬島でしか手に入らない作家さんの作ったアート作品が並ぶ店内。
犬島ガラスという犬島銅精錬所跡やその周りに大量に堆積されている黒い砂をガラスに溶かし込んでできた作品は、あの美しい海の深い青緑色をしています。



作家、白神典大(しらが のりひろ)さんの作る作品、“犬島の実”のペーパーウェイトは犬島の青が閉じ込められています。



作家、平井睦美さんの作る一輪挿しはカットがとても美しい作品です。



光が差し込むと美しい色を出す“クリア ドロップ”は、窓辺に飾って小さなお花を生けたりしてもいいですね。



作家、中野由紀子さんが作り出す犬島ガラスのネックレスは、クリアなガラスの中に可愛らしい木の絵が描いていたり。かわいらしいネックレスです。

これら、犬島ガラスに使用する黒い砂は、その時期、その場所によって異なるそうです。だからすべて色が違う。青緑の物もあれば、美しい水色の物が生まれたり。どんな色が出てくるかは作家さんにもわからないそうです。

一期一会の出会いを大切に、お気に入りのひとつを見つけてみてください。

この春から、瀬戸内国際芸術祭が始まりましたね。
犬島では、4月27日(土)から5月5日(日)まで「犬島時間」が始まるそうです。
時間のある方はぜひこの島へ遊びに行ってみるのもいいですね。

ちょっとその前に。犬島の素晴らしい作品を手に取って、作家さんや「犬島時間2013」のスタッフ達とおしゃべりをして犬島の色んなお話をしてみてはいかがでしょう。

「犬島ガラス」。手に取ると美しい海を見たくなってしまう、そんな不思議なガラスです。

◆ご紹介した商品
「白神典大」 
犬島の実 840円~

「平井睦美」
一輪挿し 3,990円~
クリアドロップ 3,780円~

「中野由紀子」
島ミドリの空玉 3,150円~

◎阪急うめだ本店 10階 うめだスーク「犬島時間 2013」期間限定ショップ
◎4月16日(火)まで※最終日は午後5時終了


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2021/10/20更新)