ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

アートディレクター・石橋圭吾 企画第2弾
絵画&映像系アーティストが集結!
視覚表現の旗手たちからの現代のメッセージ


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/4/21
  •  
  •   mixiチェック

いままでにない発想で、ドキドキするアートが出現しているという噂を聞き、早速、阪急うめだ本店9階「アートステージ」へ。

ちょうど大槻香奈(おおつき かな)さんのライブペインティングが行われていました!

ライブペインティングをする大槻香奈さん
(※大槻さんのライブペインティングは終了いたしました)

大槻さんの筆から、徐々に少女が出現してきます。見ているだけでぞくぞくしてきますね。

会場にはもちろん、大槻さんの作品、人気の少女のポートレートシリーズが展示されています。

大槻香奈「知」 2013年 45.5×33.3cm ケント紙、アクリル他 89,250円

「ワタシ」は「セカイ」の一部であり、それは「ワタシ」が「セカイ」という事でもある。
世界の形を捉えるとき、それは私というフィルターを通してはじめて確認する事ができる。
私の形は世界の形であり、世界の形は私の形である。
世界を変えるために私が変わらなければならない、という当たり前の事に気が付く。

私は自分が捉えた世界を、少女という型に流し込んで表現したい。
少女は世界を映す鏡のような存在であると思うからだ。

     ―大槻香奈


大槻香奈「ゆう日」 2013年 45.5×33.3cm ケント紙、アクリル他 89,250円

展覧会を企画したアートディレクター、石橋圭吾さんいはく、「今を生きる少女というモチーフに、不安や希望、様々な社会事象などを象徴させ、「現象」として描く事で他の追随を許さない世界観を表します」

少女たちの、時に挑むような、時にはかなく消え入りそうなまなざし。「ワタシ」と表裏一体の「セカイ」が少女を通して見え隠れします。

かたや、アニメーションを制作する林 勇気(はやし ゆうき)さん。

林 勇気
「happy times」 2011年/HD video(2min50sec)インスタレーションエディション(ed.3)展示指示書付 315,000円
「happy times」 2011年/HD video(2min50sec) DVDマルチプル 5,250円

膨大な量の写真を撮影し、取り込み、切り抜き、重ね合わせることで映像を制作しています。
その映像と制作の過程は、インターネットやテレビゲームなどのモニタの画面の中を介して行われる、現代の世界との対話の方法を想起させます。
空間や時間と対話をくりかえし、みたり、きいたり、経験した記憶が意識や思考の片隅にふりつもるように、様々な記憶されたデータがディスクやメモリに保存されるように、どこかとどこか、いつかといつかを重ね合わせ、現実の世界とかすかにつながっているかもしれない、もうひとつの世界の景色をえがこうと試みています。
そのようにして立ち上がってきた、もうひとつの世界は、余韻を残しながら繰り返され、再び現実と共振していくのではないでしょうか。
     ― 林 勇気

「私」と「ワタシ」、「世界」と「セカイ」を行き来しながら、希望を捨てずにこの時代を生き、表現を通じて熱いメッセージを届ける若き視覚表現の旗手たち。
次世代アーティストとして期待される彼らがあぶり出す「セカイ」の有り様。しかとこの目で見届けたいものですね。

■現代の絵画と映像 ~視覚表現の旗手たち~(展示販売)
◎阪急うめだ本店 9階 アートステージ
◎2013年4月23日(火)まで
※催し最終日は午後6時終了



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2021/04/23更新)