ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

フランス印象派絵画の巨匠、ルノワールの描く南仏の田園風景を再現した
「JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)」のビーズバッグが特別限定で登場!


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/10/3
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

日本でも人気の高い印象派絵画ですが、印象派で好きなアーティストと言えば、その親しみやすい画風から、フランス印象派絵画の巨匠、オーギュスト・ルノワール(1841-1919)を挙げる方は多いのではないでしょうか。

人生の幸福をカンヴァスに描き続けたルノワールの映画、『ルノワール 陽だまりの裸婦』が日本でも10月4日(金)から公開されるという、ルノワールファンにとても嬉しいニュースが!

公開を記念し、フランス発のバッグブランド『JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)』から、まるでルノワールが描く南仏の自然や田園風景を再現したかのような、色鮮やかで繊細なビーズを施したバッグが、映画公開日に合わせ特別限定で登場します!


映画 『ルノワール 陽だまりの裸婦』公開記念  『JAMIN PUECH』特別限定 ビーズバッグ 54,600円

すべてハンドメードのクラフツマンシップが魅力の『JAMIN PUECH』のバッグ。
絵画的な色遣い、すてきですね!



微妙に色が異なる緑や青のスパンコールが描く、豊かな田園風景。
光が降り注ぐ緑や、水辺のきらめき。
白いビーズは、可憐な花々でしょうか。
さまざまな色と形のビーズが点描的に表現され、手の込んだ立体的なつくり込みです。



ベージュのスパンコールは細かく型押しを施されたものも。
決して一辺倒ではないビーズの繋ぎ方、アトランダムに浮き出るような構成が、バッグの質感に繊細な奥行きを与えます。



持ち手は、スパンコール以外に、紐やウッドを用い、ひねりの利いたアシンメトリー仕様です。
贅沢な素材とクチュリエの巧みなテクニックで、ひと針ひと針丁寧に施された繊細さに魅惑されますね。

ルノワールが絵筆を走らせていた、光あふれる田園の風景のバッグ。
カジュアルスタイルにも、パーティースタイルにも、持つ人の感性でコーディネートを楽しめ、ルノワールの絵画同様、持つ人の心を心地よい幸福感で満たしてくれそうです!

(関連記事はこちら)
『「JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)」の大切に抱きかかえて持ちたくなっちゃうキュートな2WAYバッグ』




■「JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)」ポップアップショップ
◎阪急うめだ本店 1階 「goldie H.P.FRANCE(ゴールディ・アッシュ・ペー・フランス)」
◎2013年10月29日(火)まで

◎特別限定ビーズバッグの「THE TRUNK H.P.FRANCE(ザ・トランク・アッシュ・ペー・フランス)」での展開は、2013年10月4日(金)~10月29日(火)まで ※なくなり次第終了
◎お問い合わせ先: 06-6313-7535


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/06/04更新)