ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

私へのスイートなクリスマスプレゼント!
アクセサリートレイにしたい「オールドノリタケ」の愛らしい豆皿


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/11/24
  •  
  •   mixiチェック

阪急うめだ本店


ボウル 大正時代頃制作 12,600円

早いもので今年も残すところあとひと月ちょっととなりましたね。
クリスマスイルミネーションのきらめきを浴びながら街を歩くと、何となくロマンティックな気分になります。
華やかなおでかけが多くなるこの季節、家に帰ってリングやピアスをはずす時、ドレッサー回りに置いておきたいのが可愛いアクセサリートレイ。
お家に帰っても心華やぐ気分の余韻をそのまま味わえるような「オールドノリタケ」のちょっと贅沢な、小さなトレイをみつけました。

小さなボウルに青い小鳥がとまっている愛らしい陶器。
幸福の青い鳥が幸せを運んできてくれそう!


アッシュトレイ 大正時代頃制作 21,000円

「オールド・ノリタケ」は明治初頭から第二次世界大戦までに世界へ輸出された美しい陶器。
時を経てなお光彩を放つアンティークな陶器は、海外のコレクターやアンティークショップにより逆輸入されて日本に里帰りしたのだとか。

世界がアールデコのデザインを求めた大正時代。
ときめく心を映すような真っ赤なハートがキュートなアールデコらしいデザインの「アッシュトレイ」。
灰皿としてももちろん使えますが、この可愛さはやはりアクセサリートレイとして使ってみたいものです。


ボウル 明治44年頃制作 8,400円 (※青い箱は含まれません)

この可憐なレトロさ!
明治時代、優秀な技術を持つ日本の伝統職人たちが、持てる力を惜しみなく使い制作した陶器には、そこはかとなくノスタルジックな気品が漂います。


豆皿 明治44年頃から大正時代頃制作 各8,400~21,000円

クラシックテーストからアールデコのモダンスタイルまで。
小さくて愛らしい「オールドノリタケ」の芸術作品は今年一年頑張った女性たちへの、うっとり心をとろかせてくれる甘いご褒美になりそうです。

■「オールド ノリタケ」
◎阪急うめだ本店 10階「うめだスーク」北街区 オールド・ノリタケ「ソノリテ」

【関連記事】 夢のような馬が駆けてくる「三原 伸 干支のミニアチュール展」



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/08更新)