ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

星降るようなクリスマスギフト
きらきらくるくる『万華鏡工房みずあめや』


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2013/12/14
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


雪うさぎ 15,750円

ガラスで万華鏡を手作りしている『万華鏡工房みずあめや』さん。
姉・三柴 恵(しば ぐみ)、妹・水弘 朝美(みひろ さみ)。
二人姉妹の名前の頭文字を合わせて、『みずあめや』と名付けられました。

板ガラスにガラスの粉を乗せて、窯に入れて焼くガラス七宝の可愛い絵柄。
オイルとビーズを入れた試験管をくるくる回すと、透明感のあるきらきらした万華鏡の映像が広がります。


Bears(レモン) 15,750円

ガラスの絵付けは姉妹それぞれが行いますが、本体をハンダ付けして組み立てるのは姉の三柴さん。
袋を制作するのは、妹の水弘さん。

お茶道具の茶入を入れる仕覆(しふく)のような古裂袋が、一つひとつの万華鏡に合わせて作られています。
万華鏡を入れて大切にしまっておけますね。


ラクダ(ベージュ) 24,990円

パート・ド・ヴェールというガラスの技法で作られているラクダの絵柄。
石膏の型にレリーフの部分を彫って、色のついたガラスの粉を入れて窯で焼いて作られます。
つるんとした表面のガラス七宝に比べると少し立体的でマットな仕上がりに。
ラクダの万華鏡はドライタイプ。
かしゃかしゃっと回すとドラマチックに映像が変わります。


ロバ(クリーム) 24,990円
ハナミズキ(藍色) 24,990円

本体の絵柄は動植物や風景など、ファンタジックなデザインや和風のテイストのものまで。
どれも魅力的で、愛らしいものばかりです。
気になる万華鏡の中の映像は、ぜひ手に取って三角▼ののぞき穴からのぞいてみてください。
宝物のような万華鏡の中で、夢のような美しい世界が無限に繰り広げられます。

宝石のように、夜の星空のようにきらめく万華鏡。
クリスマスにきらきらの万華鏡を大切な方に贈ってみませんか。

■MY CHRISTMAS GIFT STYLE ―作り手の見えるギフト― <展示販売>
◎阪急うめだ本店 10階 『うめだスーク』 南街区パーク1
◎2013年12月17日(火)まで ※催し最終日は午後5時終了

【出品作家】(順不同)
竹内 稔(彫金、アクセサリー)、みずあめや(万華鏡)、佐藤 亜紀(染織、ストール・小物)、丁子 恵美(ガラス、器・アクセサリー)、関 昌夫(ワイヤーワーク、オブジェ)、affordance(革、バッグ・小物)、塚田 美登里(ガラス、アクセサリー)、藤岡 孝一(木彫、オブジェ)、和田 隆(陶、器・はちみつ)


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/04更新)