ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

古典と現代のはざまに広がる新たな造形
「古代神話の世界 佐藤 好昭 人形展」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2014/6/21
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


木花佐久屋夜比売(コノハナサクヤヒメ) 部分

『古事記』や『日本書紀』など、日本神話に登場する「木花佐久屋夜比売(コノハナサクヤヒメ)」。
木の花が咲くように美しい女神の美しさに、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の孫である天孫ニニギノミコト(瓊瓊杵尊)にひと目で見初められ妻となった姫…。


木花佐久屋夜比売(コノハナサクヤヒメ) 486,000円

古代の人々の生命のいぶき、平和的な表情に魅せられ、陶彫彩色(とうちょうさいしき)による土人形を制作する、工芸家、佐藤 好昭(さとう こうしょう、1952-)さん。


猫観音様 378,000円

佐藤さんのアトリエに現れた真っ白な不思議な猫を神格化したという、「猫観音様」。
「人の心の奥底まですべてを見すえているようなお顔をしていました」と言う佐藤さん。


左から
守り本尊 大日如来 54,000円
守り本尊 勢至菩薩 54,000円
守り本尊 普賢菩薩 54,000円

凛々しい小さな童子の姿で表現された「如来」や「菩薩」。


清泉 540,000円

たおやかなたたずまいの「清泉」。


板絵 飛天(アクリル)  324,000円

土人形の仕事の中で必要な彫刻・陶芸・絵画。
その永い修練の中から生まれた板絵 「飛天」。


陶灯/HANIWA 194,400円

作品群は人形や板絵のみならず、ランプにも及びます。
土人形のルーツ、原点である土偶や埴輪。
生命感のある抽象的なフォルムは、「現代の埴輪(はにわ)」と称されています。



信楽の土がブレンドされたり、陶器と同じように1000℃以上の高温で焼成されたり、従来とは一線を画すオリジナルな制法。
古代と現代のはざまに、新たな神話の世界が広がります。

■古代神話の世界 佐藤 好昭 人形展 <展示販売>
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊
◎2014年6月24日(火)まで ※催し最終日は午後5時終了

【展覧会 関連記事はこちら】
イタリア、古都の息づかい 「高橋 誠 日本画展」




暮らしを彩るすずやかなガラス 「迫 二郎・上村 由希 ガラス工芸 二人展」




北欧にインスピレーションを得て 斉藤 謠子 パッチワーク作品展






※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/05更新)