ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

映画「マレフィセント」の世界展が9階 祝祭広場で開催!
ディズニー禁断の秘密が、ついに暴かれる!?


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2014/8/4
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


©2014 Disney

公開と同時に「アナと雪の女王」を抜き、週末興行成績でも首位になった話題の映画「マレフィセント」はもうご覧になりましたか。
「レリゴー(Let it go♪)」の次は、「禁断の呪い」!?
すっかりディズニー映画にはまった私も、もちろん、先日劇場でアンジー(アンジェリーナ・ジョリー)の圧倒的な存在感を堪能してきました!


アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)演じる、邪悪な妖精!? マレフィセント

この夏、ディズニーファンにはうれし過ぎるお知らせが!
夏休み本番のこの時期、この春から話題を席巻している、ディズニー映画関連のイベントがなんと! 阪急うめだ本店の祝祭広場で8月5日(火)から開催されます。


エル・ファニング(Elle Fanning)演じる、人間界と妖精界の平和の鍵を握る美しきプリンセス、オーロラ。

なかでも注目は、映画「マレフィセント(Maleficent)」の世界展。
実際に映画で使われた、マレフィセントとオーロラ姫の衣装の特別展示と、映画のシーンが蘇るフォトスポットが登場します。



映画をまだご覧になっていない方のために少し説明しますと、マレフィセントはディズニーが創作し、1959年のアニメーション映画「眠れる森の美女」で初登場したキャラクター。



呪いによって長い眠りにつくプリンセスの物語は、かたちを変えながら千年の時を超えて語り継がれている不朽の名作です。



映画「マレフィセント」の主人公、マレフィセントの衣装は、なんと随所にアンジーのアイデアが生かされたもの。
アンジー自ら50種類以上の黒い布地を試した結果、最終的に彼女が選んだのは、細かいプリーツの入った日本製の布地なのだとか。



アンジーはマレフィセントのトレードマークにもなっている黒いマント姿に、ゴシック・ファッションの要素を取り入れることを提案。
衣装デザイン担当のアンナ・シェパードは、イギリスとスペインの若手デザイナー3人に協力を要請し、彼らがシェパードのデザインした衣装に、ワイルドな襟元やゴシック・テーストのジュエリー、個性的なヘッドピースなどのアクセサリーを付け加えたといいます。
※会場ではこの黒の衣装は展示されません。



特定の時代の様式によらず、自分なりの解釈とイマジネーションを働かせて、合計2千着にもおよぶ人間界と妖精界の衣装を作り上げたシェパード。
マレフィセントを含む妖精たちの衣装には、自然素材や自然のモチーフが多く取り入れられています。



会場では実写映画「マレフィセント」とディズニープリンセスアニメーションの代表作として、半世紀以上も世界中で愛されている「眠りの森の美女」を、同シーンで比較できるようなコーナーも設けられます。


©2014 Disney

映画「マレフィセント」の世界展をはじめ、会場では「ディズニー・プリンセス・グッズ・コレクション」も同時開催。
祝祭広場がまるごとディズニーイベントに包まれます!
今夏の大ヒット作の魅力を物語の背景から知ることができる貴重な機会です。
ディズニーファンの方はぜひ祝祭広場の魔法にかかってみてくださいね!

■ウォルト・ディズニー創立90周年記念作品  映画「マレフィセント」の世界展 <入場無料>
【同時開催】
■「ディズニー・プリンセス・グッズ・コレクション」
◎阪急うめだ本店 9階 祝祭広場
◎2014年8月5日(火)~8月18日(月) ※催し最終日は午後6時終了



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/05更新)