ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

時代を超えてきらめくテーブルウエア
オールドノリタケ


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2014/12/1
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


オールドノリタケ プレート 明治44年頃制作 径約19.5cm 37,800円

明治中期から昭和戦前期にかけて輸出されたオールドノリタケ。
芸術的な絵付けや繊細な細工で知られるテーブルウエアや花瓶などの装飾品はその技術水準の高さや斬新なデザインは欧米諸国でも高い評価を受け、今も多くの収集家から熱い視線を浴びています。



日本画のようなタッチで精緻に絵付された白鳥のいる水辺の情景が詩的に描かれたプレート。
金彩を盛り上げる装飾技法である“金盛り”で豪華に縁取られ、さらに柔らかなピンクの“ジュエル盛り”で宝飾品のように華やかに仕上げられています。


Backstamp M-NIPPON印

プレートの裏側には“M-NIPPON”の裏印(バックスタンプ)が押されています。
オールドノリタケの歴史は海外貿易を志した森村市左衛門(もりむら いちざえもん、1839-1919)が1876(明治9)年、森村組を創業したことに端を発します。
中央のMは森村家の頭文字を示し、森村家の家紋である“下がり藤(さがりふじ)”を逆にしたデザインのエンブレムです。


オールドノリタケ プレート 明治44年頃制作 径約16cm 27,000円

コバルトの深い藍色に金盛りが施されたヴィクトリアンテーストのプレート。
ノーブルな風格をたたえる逸品にあなたが盛りたいのはガトーショコラ? それともマカロン?



テーブルウエアとしてうっとりするようなティータイムを演出するも良し。
額絵のように飾るも良し。
明治時代に作られた逸品は時代を超えて今も、過ごす時間をエレガントに彩ってくれそうです。

■オールドノリタケ
◎阪急うめだ本店 10階 『うめだスーク』北街区 オールドノリタケ「ソノリテ」

■クリスマスシーズンの愉しみ 関連記事はこちら
▼とっておきのクリスマスシーズンを楽しもう! 光の“ヒンメリ”と北欧クリスマスマーケット



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/09/29更新)