ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

【予告】「アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶~」
日本中が熱狂した魅惑の水中アートの世界へいざ!


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/1/5
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



アクアリウム(観賞魚や水草などを美しく見せるために構築された水槽を含む生態系環境)をアートに昇華させた「アートアクアリウム」。
昨年好評を博したイベントが関西初降臨となる2つの大作「大奥」「ビョウブリウムⅡ」とともに再び「阪急うめだホール」に帰ってまいりました!

江戸時代に日本の生活に根ざした文化として花開き、日本人に親しまれてきた“金魚”にスポットを当て、和をモチーフにデザインされた水槽と光・映像など、最新の演出技術が融合した水中アートの展覧会である本展。
演者となる金魚たちは普段お祭りなどで目にするものから、なかなかお目にかかれない高級品種まで、彩りあざやかな生きた芸術品の競演となります。


「大奥」 
※画像はイメージです

金魚を愛でる文化が花開いた江戸を象徴する「大奥」は幅約3メートルにわたる複合的な作品。
昨年「阪急うめだホール」に登場した「花魁 Oiran」の流れをくむ巨大金魚鉢シリーズの新たな大作です。
美と艶を輝かせながらも、どことなくはかなげな生き様を妖艶に泳ぐ金魚を大奥に重ね合わせ、多くの女性が自らの美を競い合う豪華絢爛な世界が表されています。


「ビョウブリウムⅡ」

2008年のデビュー以来、大人気を誇った「ビョウブリウム」のニューバージョンである「ビョウブリウムⅡ」。
6面屏風は倍に増やされ、花鳥風月で12か月の季節を表すプロジェクションマッピングにより、動く屏風絵が映し出され、そこに本物の金魚が泳ぎます!


「スペースジェリウム」

水の塊が横たわるように存在するアクアリウムに宇宙空間をさまようクラゲをイメージして作られた「スペースジェリウム」。
レーザー光線でより幻想的なクラゲの舞いが表現され、上からのぞきこむことで自分も宇宙空間にいるよう!
金魚シリーズでは禁じ手となっていたクラゲを使った当人気作は関西初登場!


「ギヤマンリウム」

江戸時代にダイヤモンドやガラスなどキラキラしたものを“ギヤマン”と呼んでいたことから名づけられた「ギヤマンリウム」。
複数の横のプリズム効果がもたらすのは全体像を結ぶことが少ない金魚が織りなす幻想的な作品です。


「新江戸金魚飾」

江戸時代に楽しまれた横から眺める木枠の水槽を、新たにプリズム効果をもたらす透明な多面体の水槽によみがえらせた「新江戸金魚飾」。
江戸の情緒はそのままに、未来を感じる新感覚の作品となっています。


アートアクアリウムアーティスト 木村 英智 氏

五感で感じるまったく新しい空間を創り出すのは、“アクアリウム”と“アート”を融合させた“アートアクアリウム”の第一人者であるアートアクアリウムアーティストの木村 英智(きむら ひでとも、1972-)氏。
変幻自在な水槽デザイン、ハイレベルな水質調整、知り尽くした生体管理と組み合わされる『アートアクアリウム』という独自の分野を確立しています。

木村氏が総合プロデュースを手掛ける新たな魅惑の世界が再び降臨!
日本から世界に発信される新感覚のアートに今年も目が離せない!

■アートアクアリウム展 ~大阪・金魚の艶(つや) <入場有料>
◎1月9日(金)~3月2日(月) 
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだホール
日~木曜日は、午前10時~午後8時 金・土曜日と1月11日(日)・2月10日(火)は、午前10時~午後10時
※午後9時以降は、地下1階 阪神側エレベーターをご利用ください。
※閉場30分前までにご入場ください。
土・日曜日は大変な混雑が予想されます。平日、もしくは土・日曜日の午後5時以降にご来場いただきますと、比較的ゆっくりとご覧いただけます。
◎入場料:一般1,000円、中学・小学生800円、未就学児無料
※障がい者手帳(身体障がい者手帳、精神障がい者保険福祉手帳、療育手帳、被爆者健康手帳)をご呈示の方、及びその介添えのための同伴者1 名様まで無料。
◎主催:朝日放送/テレビ朝日
◎お問合せ:050-5542-8600(午前8時~午後10時)

※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/09/29更新)