ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

【第17回 日本の職人展】
十勝をアートする甲賀静香さんの繊細なアートクッキー


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/4/8
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


アートクッキー(小) 各901円

阪急うめだ本店で人気の催事「日本の職人展」が始まりましたね。
第17回を数える今回、初企画として14人の食の女性職人がクローズアップされています。
中でも注目はクッキーデザイナーの甲賀静香(こうが しずか)さんが手がける「アートクッキー」。
売場を訪れると、絵画のような繊細なアートクッキーが目に飛び込んできました!


甲賀静香さん

元通販バイヤーだった経験を持つ甲賀さん。
2005年、北海道移住後に感じた十勝の魅力を菓子制作で表現しようとクッキーデザイナーを志し、2010年に「十勝 菓子工房 菓音」をスタート。
十勝の食を伝えるモノ作りを目指し、「北海道の大地の恵み」をクッキーに込めて創作されています。



北海道の緑あふれる大地に澄んだ青い空。小さく乳牛が描かれているのが見えるでしょうか。
手作りで数が限られるため4月10日(金)までの3日間の開催ですが、会期中は甲賀さんの実演も見ることができますよ!



「イラストクッキーを作るということは、クッキーを100枚焼くのではなく、同じイラストを100枚描くということ」。
そう語る甲賀さんのクッキーは生地を乾かして色をのせてゆくアイシングと言われる技法が使われています。
水彩や油彩と同じように描くことができ、クリームのように絞りだして立体的にも使える、深い表現ができる画法です。



小さなケーキのひとつひとつにクリーム状のアイシングを絞り、2~3ミリの果物パーツをのせて仕上げるミニチュアのケーキ(クッキー)。



粉砂糖に卵白を加えてクッキーやケーキを飾るアイシングが駆使されたミニチュアケーキは驚くほどリアル。
昔からミニチュア雑貨が大好きだったと言う甲賀さん。
最初はショートケーキ、次はタルトにロールケーキ。
アイテムはどんどん増えて、フォレノワールなどの伝統菓子も作れるようになったのだそう。


ミニチュアケーキ(クッキー) 801円

「いつか大好きなケーキ屋さんとコラボしてアイシングクッキーの小さなケーキ屋さんを作るのが夢」と甲賀さん。
そんなケーキ屋さんができたら毎日行ってしまいそう!


メッセージクッキー(2枚入り) 401円

かわいいクッキーにメッセージを添えて。
こんなキュートなプチギフト、プレゼントされたら嬉し過ぎますよね。



食べてしまうのがもったいないですが、見て楽しく食べておいしいと人気の甲賀さんのアートクッキー。
愛する地元、十勝の広大な大地の恵みがつまった優しい愛らしさがたまりません。
プレゼントしたら、きっとたくさんの笑顔が生まれそうです!

■第17回  日本の職人展 「十勝菓子工房 菓音」甲賀静香 アートクッキー
◎4月8日(水)~4月10日(金)のみの販売
◎阪急うめだ本店 9階 催場

◆阪急うめだ本店 9階で開催中 アート関連記事
▼【予告】~美しさの発散と表現~ 植木 寛子 ヴェネチアガラス展 阪急うめだ本店】


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/10/25更新)