ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「筑前博多 創作五月人形と逸品人形展」
心に語りかける人形たち


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/4/19
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


中村 信喬 「桃太郎」 高さ17.5cm 345,600円
 
日本を代表する伝統工芸、博多人形。
素焼粘土を素材とし、日本画と同じ顔料を用いて彩色を施す手作りの人形です。
400年以上の歴史と伝統に育まれてきた雅な色彩、愛らしい表情。
節句人形をはじめ、伝統工芸士らの手による作品が阪神美術画廊に並びます。


多田 明正「祥雲」 48,600円

鯉にまたがり、凛々しくも勇ましい童大将。
躍動感と愛らしさにあふれる「祥雲」。
健やかな成長を願う心が伝わる節句のお祝いにいかがでしょうか。


国崎 信正「羽衣」(大) 486,000円

日本の伝統芸能である「能」はしばしば博多人形で取り上げられるテーマ。
静と動。息をのむような舞台の一瞬が切り取られた「羽衣」。


佐藤 好昭「竹取物語」 216,000円

光り輝く竹の根元を竹取りのおきなが切ってみると、中にはまばゆいばかりの「かぐや姫」が。


溝口 堂央「爽風」 32,400円

風にそよぐ古代の女性の衣装。たおやかさが香り立つ「爽風」。



博多人形師が伝えるゆかしい人形たちの息吹。
新たな伝統に息づく人形たちの声に耳をすませてみてください。

■筑前博多 創作五月人形と逸品人形展 <展示販売>
◎4月15日(水)~4月21日(火) ※催し最終日は午後5時終了
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊

◆アートな暮らしを楽しむ初夏
▼木村奈央さんの無数の蝶が舞う圧巻のコンコースウインドー! 阪急うめだ本店】

▼【予告】全国初公開! 写真展 「岩合光昭の世界ネコ歩き」 サイン会&トークショーも開催! 阪急うめだ本店】


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/10/26更新)