ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

小嶋英次・佳子 鍛鉄とガラスのボトルアート展
ガラス瓶に吹きこまれた新たな命


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/6/20
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



鍛鉄(たんてつ)とガラスの美しい造形。
洋酒などのガラス瓶を利用し、ランプや小物入れなどのロマンティックなボトルアート作品を手がけるのは、小嶋英次さん、佳子さんご夫妻。


銅の脚付き 一輪挿し花器 51,840円

もともと画家として活動し、40代後半にフランスに4年半ほど滞在した英次さん。
帰国後、ボランティアに参加したことがきっかけで、アルコールや化粧品などのきれいな空き瓶を利用して何かできないかと思い立ち、ボトルアートを始められました。



どこか和・洋骨董を思わせる落ち着いた風合いに心癒されます。


鍛鉄椅子型フラワー台 グリーン花器付き 162,000円

和と洋の空間に、ほど良くとけ込むボトルアート。
ガラス瓶に吹きこまれた新たな命にそっと触れてみてください。



■期間限定ショップ「鍛鉄とガラスのボトルアート 小嶋英次・佳子」

◎6月23日(火)まで
◎阪急うめだ本店 10階「うめだスーク」中央街区
※催し最終日は午後5時終了

◆「うめだスーク」のアートな催し
▼吹きガラス・陶磁器「創作スタジオ ユクリテ」の期間限定ショップがかわいく登場!

▼水の花 氷の花  菅かおる 日本画展 & 柴田謙司 写真展


Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2021/04/19更新)