ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「ジャマン・ピュエッシュ」
独創的なクリエーションで楽しむ“ドレッシング”


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2015/9/14
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



斬新な素地やテクニックで表現される「ジャマン・ピュエッシュ(JAMIN PUECH)」のバッグ。
その高い芸術性でバッグ業界に旋風を巻き起こし、注目を集めているフランスのバッグ・ブランドです。
デザイナーは生粋のパリジャンである、ブノア・ジャマン(Benoit Jamin)。
1991年にイエール青年クリエーターヨーロッパで1位を獲得。
毎シーズン60型以上のオリジナリティーあふれる独創的なコレクションを発表しています。



「ジャマン・ピュエッシュ」の2015年秋冬のテーマは「ドレッシング(DRESSING)」。
イメージはパリの典型的なオスマニアン風のアパルトマンに住まうパリジェンヌ。
クローゼットの扉を開けると、代々大切に受け継がれたバッグやトランク、帽子などが並びます。


バッグ 119,880円

ウォールタペストリーを連想させる、アーティスティックなバッグ。
毛糸やレザーコードのスパンコールをミックスし、植物モチーフが抽象画のように表現。重厚な素材感が楽しめます。


バッグ 84,240円

一面に施された緻密なスパンコール、ウールとラフィアの異素材ミックスのバッグ。
くるりと巻いた長い尻尾が愛嬌たっぷりなキュートなお猿さんのデザインです。
レトロシックながま口のバッグは、ストラップの長さは3段階に調節でき、ショルダーバッグとしてもハンドバッグとしても。


左から)バッグ(黒) 96,120円、バッグ 119,880円

扇状にあしらわれたフロッキー加工のスパンコールや繊細なフェザー状の糸が組み合わされたエレガントなブラックのバッグはおでかけやパーティーシーンにも。
また、エキゾチックレザー、クロコダイルの背中の模様を様々な表情のスパンコールで表現した華やかなバッグは、クラシカルなワンハンドルや、がま口のフォルムとモード感が絶妙にマッチ。


バッグ 90,720円

珍しいスクエアフォルムのスパンコールがゴージャスに散りばめられたゴールドのバッグ。
ころんと愛らしいフォルムに、たっぷりのタックが美しい陰影を与え、豊かな表情をみせてくれます。



クローゼットからいつ引き出しても、その時々に新鮮な印象を与えてくれる「ジャマン・ピュエッシュ」のバッグ。
時間旅行へ誘われるドレッシング・タイムをパリジェンヌのように楽しみましょう。

■「JAMIN PUECH(ジャマン・ピュエッシュ)」
◎阪急うめだ本店 1階 「goldie H.P.FRANCE(ゴールディ・アッシュ・ペー・フランス)」


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/11/19更新)