ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

チョコと一緒に贈りたいおしゃれなアート本
芸術家たちの素顔シリーズ


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2016/1/11
  •  
  •   mixiチェック

■阪急メンズ大阪



1年で最もチョコレート業界が熱くなるこの時期、アート好きな彼にチョコレートに添えて贈りたいのは、ひと味違うアート本。

「芸術家たちの素顔」シリーズ(発売元:バイ インターナショナル)は著名な芸術家たちの人生や作品を一人ひとりピックアップして1冊の本に紹介。
ちょっぴりユニークなイラストも秀逸。読みやすい文章で、とっつきやすく、サクサク気楽に読み進めるのも魅力。


芸術家たちの素顔④
僕はベーコン

文:キティ・ハウザー 絵:クリスティナ・クリストフォロワ 監訳:岩崎亜矢/翻訳:金城希
1,728円


「すべては無意味だ。だったら、異常でいるほうがましだ」 ―フランシス・ベーコン


芸術家たちの素顔⑦ 
僕はモネ

文:サラ・パップワース 絵:オード・ヴァン・リン 監訳:岩崎亜矢/翻訳:高橋香代子 
1,728円


「鳥がさえずるように、絵を描きたい」 ―クロード・モネ


芸術家たちの素顔⑧
僕はカンディンスキー

文:アナベル・ハワード 絵:アダム・シンプソン 監訳:岩崎亜矢/翻訳:池田千波 
1,728円


「色彩は鍵盤、目はハンマー、魂は多数の弦を持つピアノだ。芸術家は演奏する手であり、その手で次から次へと鍵盤に触れ、魂を打ち震えさせるんだ」 ―ワシリー・カンディンスキー


芸術家たちの素顔③
僕はポロック

文:キャサリン・イングラム 絵:ピーター・アークル 監訳:岩崎亜矢/翻訳:木村高子 
1,728円


「私は絵を描く時、イーゼルを使わない。…床に向かう方が、くつろいで作業できる」 ―ジャクソン・ポロック


芸術家たちの素顔②
僕はダリ

文:キャサリン・イングラム 絵:アンドリュー・レイ 監訳:岩崎亜矢/翻訳:小保鐘子
1,728円


「毎朝目をさますたび、私は至福の喜びを味わう。そう、サルバドール・ダリであるという喜びだ。このサルバドール・ダリなるものが、いったい今日はどんな奇跡を起こすのだろうかと、驚嘆しつつ、私は自分に問うのである」 ―サルバドール・ダリ



アーティストたちの強烈な生き様や、作品の魅力がエッセンスとして凝縮した「芸術家たちの素顔」シリーズ。
チョコレートだけでは伝えきれない熱い情熱をヒネリの利いたアプローチで彼らが代弁してくれるに違いありません。

■「芸術家たちの素顔」シリーズ
◎阪急メンズ大阪 3階 ブックストア&カフェ ザ ロビー

【バレンタイン チョコレート博覧会2016 関連記事】
▼世界をめぐり、カカオを味わうチョコレート 「カカオ サンパカ」KAKAWA


▼女性も楽しみやすい、チョコとクラフトビールのマリアージュ


▼発酵の仕方で味が変わる?!「Minimal」5種のテイスティングセット






※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/06/27更新)