ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

木彫の雛人形や兜で祝う
桃の節句、端午の節句


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2016/1/20
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


久保田 御季代 木彫 「祝い立雛」 木曽桧 270,000円

伝統的な年中行事を祝う季節の節目「節句」。
日本の四季に育まれた節句の中でも、桃の節句や端午の節句は代表的な季節の行事ですね。

三月三日の「雛祭り」は、生まれたこどもが健やかで優しい女性に育つようにと願いを込めて「雛人形」を飾ります。
こちらは気品に満ちた顔立ちや絢爛な装束が神聖な空気感をまとった木彫「祝い立雛」。


久保田 唯阿 木彫 「立雛飾 ~神雛~」 樟
男雛 高さ12cm 97,200円


男女一対の仲睦まじい姿の美しいお雛様。
女の子が健やかに育ち、将来、幸せな結婚ができますように。
人形の、きらびやかで高貴な姿には女の子の幸せな人生を願う気持ちや豊かな生活への憧れが込められています。


久保田 唯阿 木彫 「出世兜」 樟・櫃付き 194,400円
※お名前墨書・家紋彫刻承りございます。
※こちらの作品につきましては売場スタッフにお問い合わせください。

 
女の子の節句として花開く桃の節句に対し、五月五日の端午の節句は男の子の節句。
男の子の健康と立身出世を願い、厄除けの樹、樟で奉刻された「出世兜(しゅっせかぶと)」。
前立(まえだて=兜の前部につける立て物)には不動明王の持つ利剣(邪を断ち切る剣)がデザインされています。


厄除けの樹の爽やかな香りと共に、温かな幸福感が広がる日本の伝統彫刻。
豊かにめぐる季節の節目も、どうぞお健やかに過ごせますように。

■木彫 雛人形特集 <展示販売>
◎3月1日(火)まで
◎阪急うめだ本店 7階 茶道具
※催し最終日は午後6時終了

【関連記事】
▼勢いと優雅さが調和する 奈良一刀彫の雛人形の美




※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/06/27更新)