ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

中村 眞 作陶展 
中村家の焼き色、造形を楽しむ備前


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2016/5/4
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


備前葉皿 86,400円

「酒器の六郎」と言われた備前の陶芸家、中村 六郎(なかむら ろくろう、1914-2004)氏の長男としてその作風を受け継ぐ、備前陶芸師・中村 眞(なかむら まこと)さん。
1971年から父・六郎のもとで修業。併せて、窯焚きは陶芸家・金重 道明(かねしげ みちあき、1934-1995)氏に指導を受けました。
備前焼本来の土味を生かした中村 眞さんの作陶展が阪急うめだ本店 美術画廊で開催されています。

こちらは丸いボタモチが葉の中央にくっきりと円を描く、美しい備前葉皿。


備前手桶 86,400円

素朴な土の質感が楽しめる備前。
水を張って、季節の花を活けても。


備前壺 86,400円

柔らかな灰被りとゴマが豊かな景色をつくる備前壺。
まろやかで安定感のある造形。静かな存在感が漂います。


備前窯変一輪入 43,200円

なだらかな瓢箪形に自然釉の窯変が味わい深い景色をつくる一輪入。


備前窯変徳利 43,200円

備前が誇る酒器の名工の血脈を受け継ぐ、徳利。
独創的な造形、野性味あふれる土味はまさに中村家の酒器。



ねっとりした土味に、窯変で現れる深い「中村家の緋色」は多くの愛好家を魅了。
炎が描く味わい深い焼き色、伸びやかで豊かな造形を楽しんでみてください。

■中村 眞 作陶展 <展示販売>
◎5月4日(水・祝)~10日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

▼うめだ阪急のゴールデンウィーク コンコースウィンドーは家族で楽しめるしかけがいっぱい!


※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/05更新)