ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

~凛とした白磁の世界~
第13回 織田 達也 作陶展


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2016/6/2
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


白磁面取壷
径17×高さ11cm
64,800円


端正で気品漂う白磁。
凛としたたたずまいの白磁を中心に、「無事の美」を追究する陶芸家、織田 達也(おりた たつや)さん。


花双魚文扁壷
108,000円


1964年、香川県牟礼町生まれ。
1984年、愛知県立瀬戸窯業専修訓練校卒業。1985年、陶芸家 瀧田 項一氏に師事。
1992年、日本民藝館展にて奨励賞受賞。
1993年、阪急うめだ本店 美術画廊にて個展。以後、隔年で織田さんの個展が開催。
今展で第13回目を数えます。


呉須釉双魚文四方鉢
270,000円


大作を含め100余点の作品が並ぶ今展で、特に目を惹く“双魚文(そうぎょもん)”。
「魚は卵をたくさん産むということから子孫繁栄を意味する吉祥文です」と教えてくださった織田さん。
二匹の魚が中央に清らかな白磁で表現された呉須釉の四方鉢。


青釉双魚文六角陶匣
75,600円


「呉須よりも透明感のある“青釉”は近年取り組み始めた」とおっしゃる織田さん。
ブルーの色調が柔らかく、さわやかな印象です。


陶額(大)
44,280円


“寿”の文字が刻まれた、ひさご形の色絵の徳利が描かれた陶額。
波打つような呉須の背景が白い徳利を際立たせます。


辰砂福字文六寸皿(5枚組)
32,400円


鮮やかな辰砂に縁起の良い“福”の字が記された六寸皿。
お祝い感が高まる皿には、何を盛りましょうか。



白磁を基調に広がる陶の世界。
白から始まる清浄な彩りをお楽しみください。



■~凛とした白磁の世界~ 第13回 織田 達也 作陶展 <展示販売>
◎6月1日(水)~7日(火)
◎阪急うめだ本店 7階 美術画廊
※催し最終日は午後6時終了

【アートな暮らし 関連記事】
▼山上 學 陶展 沖縄の豊かな海に映し出される世界



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/04更新)