ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

「~20世紀巨匠たちの~ 小品版画 作品展」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2016/11/15
  •  
  •   mixiチェック

■阪神梅田本店


パブロ・ピカソ「小さなアルルカン パウロ」
コロタイプ、1934年 油彩より
自筆サイン入り(額装サイズ 縦44×横34cm) 410,400円


キュビズムの創始者として知られ、油絵、素描はもとより、約10万点もの版画を制作したピカソ(Pablo Picasso、1881-1973)。
1950年~1960年代には、ピカソやシャガールらの豪華画集を刊行するために、「コロタイプ刷り」という版画が制作されました。
中でも画家が自筆で“承認”を入れている貴重な作品が阪神梅田画廊で11月16日(水)から展示販売されます。


マルク・シャガール「コンコルド広場」
コロタイプ、1960年 リトグラフより
自筆サイン入り(額装サイズ 縦44×横34cm) 388,800円


来年2017年に生誕130年を迎えるマルク・シャガール(Marc Chagall、1887-1985)もまた、生涯に渡り、油彩画に等しい表現手段として積極的に版画を手がけています。
20世紀に活躍した巨匠作品ならではの存在感と、大作にはない親近感を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■~20世紀巨匠たちの~ 小品版画 作品展 <展示販売>
◎11月16日(水)~22日(火)
◎阪神梅田本店 9階 阪神美術画廊
※催し最終日は午後5時終了


◆アートな暮らし 関連記事
▼【動画付き】 100人の小さなサンタのファンタスティッククリスマス!阪急うめだ本店】



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/01/23更新)