ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

徳永美代子 矢澤良平 2人展
「刺し子と家具」


アートを楽しむ毎日

  • 更新日: 2016/11/16
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店



鹿児島のアトリエで、モダンな「刺し子(さしこ)」作品を創造する徳永 美代子(とくなが みよこ)さん。
宮崎の工房で板を差しあわせる「指物(さしもの)」の家具に取り組む矢澤 良平(やざわ りょうへい)さん。
南九州を拠点に活動する二人の「刺し子と家具」展が阪急うめだ本店の「アートステージ」で11月16日(水)から開催されています。


徳永 美代子
「絞り刺し子コート」
(白) 345,600円
矢澤 良平
「ポールハンガー」
ブラックウォールナット 拭き漆仕上げ 75,600円


徳永 美代子さんの手による、まるで和紙のような風合いの「絞り刺し子コート」(白)。
立体的な絞りが全体に施されたコートは、まるで身にまとうアート。


徳永美代子
「刺し子ストール」
 54,000円
矢澤 良平
「ラウンドチェアー Ⅱ」 
ブラックウォールナット 拭き漆仕上げ 97,200円


“つまみ刺し子”や“乱刺し”の技法を駆使したストールは、黒い生地に白の模様が浮かび上がるモダンなデザイン。



従来の刺し子のイメージにとらわれない自由な発想でつくられる徳永さんの作品は1点1点が世界にひとつしかないオリジナルの衣服。


矢澤 良平
「ラウンドテーブル 650」
 ブラックウォールナット 拭き漆仕上げ 162,000円 
「ラウンドチェアー Ⅱ」 ブラックウォールナット 拭き漆仕上げ 97,200円
「2段食器棚」 ブラックウォールナット 拭き漆仕上げ 540,000円など


天然の無垢材のみを使用し、伝統的な木組みの技法で強固に組まれる、矢澤 良平さんの「指物」家具。
今展では麻の布を引違い戸に使い、“軽いイメージ”の食器棚も出品。


矢澤 良平
「組手デスク」
 ブラックウォールナット 拭き漆仕上げ 324,000円
「EPスツール」 ブラックウォールナット 拭き漆仕上げ 86,400円 


3枚の板のみで、組手でシンプルなカタチを実現させた机。
椅子は木の持つ柔らかさ、ぬくもりが表現され、少し窪ませた座面は腰かけるとなじみの良い仕様に。


矢澤 良平さん
「ラウンドテーブル 1000」 ブラックウォールナット 拭き漆仕上げ 237,600円 


「ラウンドテーブルはあえて木の節や割れを使い、“不完全な魅力”を引き出し、普段使いのラフなイメージにしました」と矢澤さん。



伝統の技法をベースに、日々新しいデザイン感覚で創作に取り組むお二人。
古くて新しい、刺し子と家具の素材の競演を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■徳永美代子 矢澤良平 2人展 「刺し子と家具」<展示販売/入場無料>
◎11月16日(水)~22日(火)
◎阪急うめだ本店 9階 アートステージ
※催し最終日は午後6時閉場


◆アートな暮らし 関連記事
▼「~20世紀巨匠たちの~ 小品版画 作品展」阪神梅田本店】



※Facebookページにジャンプします


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/01/23更新)