ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

心を灯すあかり 河野 甲さんのレザーワーク


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2012/11/14
  •  
  •   mixiチェック

1956年愛媛県宇和島市生まれの、造形作家・河野 甲(こうの こう)さん。
これが革? と一瞬目を見張る、独特のテクスチャーのレザーワークです。
阪急うめだ本店10階「うめだスーク」北街区「ギャラリー三彩で、河野さんの素敵なあかりをみつけました。

河野 甲「わたしはコマ」

頭上にランプを掲げ、祈るような “コマ”。
実際に回ることはありませんが、くるくると回る姿を思わず想像してしまいます。
両手を合わせ一心に祈りを捧げるコマの想いが、静かに伝わってくるようです。


河野 甲「箱の国の番人」

両腕を交差し、あかりを掲げる番人。
ブロンズのような質感ですが、こちらの像も紛れもないレザー。
夜遅く帰宅する時には、こんなストイックな番人に、玄関口に立っていてもらえたら心強いですね。

冬に向かう季節、心がほっとするあかり。
河野さんのあかり作品に、温かい心のともしびを感じました。

◎阪急うめだ本店 10階 「うめだスーク」北街区「ギャラリー三彩」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/07/05更新)