ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

“光のレイヤー”をクリスマスギフトにいかが
ガラス工芸作家・小島有香子さんの積層ガラス


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2012/11/29
  •  
  •   mixiチェック

ガラスを複層に重ね合わせ、ガラスならではの美しさを見せる積層ガラス。
小島有香子(こじま ゆかこ)さんは、国内では数少ない積層ガラスの作家です。

小島さんの、クリスマスギフトにぴったりな小さなツリーのオブジェをみつけました。

「積層ガラス tree」 

それぞれのtreeは角度を変えると、また違った印象に。

積層ガラスを擦りガラス仕上げにした“tree”は、シャープでスタイリッシュ。洗練された造形がすてきです。緑やグレーが、リズミカルなグラデーションに。

こちらもギフトにぴったりなペンダント。


それぞれが、神秘的な光をまとっていますね。

小島さんは、多摩美術大学立体デザイン専攻クラフトデザイン専修ガラスコースを卒業後、富山ガラス造形研究所研究科を修了。現在、富山市で制作活動を続けられています。
作品は国内外の美術館にも収蔵され、2011年現代ガラス大賞展・富山2011で作品「Layers of Light -Night-」が大賞を受賞するなど、今日本のガラス作家の中で、最も注目を集める若手作家の一人です。

ガラスを複数枚重ね合わせて接着し、削りながら造形、さらに表面を磨いて仕上げられる積層ガラス。
力作業と繊細な技巧の両極が合わさってこそ、なせる業。高度な技が光ります。
グリーンやグレーなどシックな色合いの作品は、緑や山々や月の光のイメージなのだとか。

光を集め、光を重ねる。
“光のレイヤー”をクリスマスに贈るなんて、ロマンティックなアイデアだと思いませんか。



◎阪急うめだ本店 10階「うめだスーク」北街区「ギャラリー三彩」


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/07/05更新)