ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

まるで森の中にいるような、生きている木の家具と出会う
「木の聲を聴く マエストロ 永見 眞一の仕事展」


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2013/10/23
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店

1923年高松市生まれの家具デザイナー、永見 眞一(ながみ しんいち)さんをご存知でしょうか。


永見 眞一さん

建築設計技師から、友人の高松 顕と共に家具製作会社の桜製作所を創業。1963年発足したデザイン活動「讃岐民具連」を通じて、アメリカの家具デザイナー、ジョージ・ナカシマ氏(1905-1990)から木に接する姿勢を学び、師と仰ぎました。
永見さんは、2008年、桜製作所の工房内に「ジョージ・ナカシマ記念館」を開設、館長を兼務されています。


ジョージ・ナカシマ氏


桜製作所 ジョージ ナカシマ記念館

現在、米ペンシルバニア州ニューホープにあるジョージ・ナカシマ氏のコノイドスタジオ以外で「ナカシマ」の家具製作を唯一許されているのが、永見さん。
今年卒寿を迎える木のマエストロの展覧会が10月30日(水)から阪急うめだギャラリーで開催されます。


「コノイド チェア」 

ジョージ・ナカシマ氏がデザインした椅子「コノイドチェア」。
上質な無垢材の美しさと職人技を生かし、桜製作所の職人集団が製作しています。
一見、不安定に見える驚きのデザインの椅子は、卓越した木工技術の結晶!


「ミラ チェア」L・M・H

ジョージ・ナカシマ氏が愛娘のためにデザインした椅子、「ミラ チェア」。
ナカシマ氏の没後20年ぶりに、ナカシマの名作家具コレクションの数々が勢揃い。
特に素材と構造を生かし、繊細な木工技術による椅子はナカシマファンならずとも必見です!


「コノイド ベンチ」 

低めの座面の床と平行する直線に背のスピンドル列が彫刻的な美しさをたたえる「コノイド ベンチ」。
今や木製家具のスタンダードとなったナカシマの椅子。
日系アメリカ人であったジョージ・ナカシマ氏の生き方や、ものづくりに対する考え方、その哲学を伝えるべく「ジョージ ナカシマ記念館」を館長として運営する永見さんの熱い思いが伝わってきます。


桜ショップ 高松店

ナカシマの家具をはじめ、ナカシマの魂を受け継ぐ、永見さんデザインの家具。
まるで森の中にいるような、生きている木の家具に出会える場所。
桜製作所の家具のすべてがここにあります。

■木の聲を聴く マエストロ永見眞一の仕事展 <展示販売・入場無料> 
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
◎2013年10月30日(水)~11月4日(月) ※催し初日と最終日は午後6時閉場

◆トークショー
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
◎2013年10月30日(水)
・第一部 11:00~「ジョージ ナカシマからミナ ペルホネンへ」永見眞一×皆川明×一田憲子(編集者)
今回の展示会のために書かれた本について語ります。
・第二部 14:00~「父 ナカシマとナガミ」ミラ ナカシマ×永見宏介(桜製作所社長)
ジョージ ナカシマと永見眞一、それぞれの子供が父について語ります。
・第三部 16:00~「永見眞一さんと協働製作した“NIRYO”について」中村好文
“NIRYO”の製作にまつわる裏話を語ります。
1回1,000円/通し券2,000円
各回 約1時間
※トークショーのチケットは阪急うめだ本店 7階 インテリアショップ「コンフォートQ」で販売中。


※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/03/30更新)