ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

かの魯山人が手ほどきを受けた
九谷焼窯元「須田菁華窯」
【旨し、美し。金沢・加賀・能登展】


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2014/1/24
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店


須田 菁華「色絵 茄子文 向付」 各14,700円

明治から昭和にかけて、書画や篆刻、陶芸、料理に類まれなる才能を発揮した芸術家・北大路魯山人。
その魯山人が憧れ、陶芸の世界に足を踏み入れ、手ほどきを受けたのが、九谷焼窯元、初代 須田 菁華(すだ せいか)。
須田菁華窯 現当主は四代・須田 菁華氏です。

土を揉み、ロクロを蹴り、絵筆を走らせ、登り窯で松薪で焼き、上絵窯を焚く。
古九谷発祥時の工法を今も守り続けている須田菁華窯。
青(緑)、黄、紫、紺青…。濃厚な色彩が自由闊達に躍る上絵は、九谷焼の美の源流と言えるもの。


須田 菁華「赤彩 かぶら文」 各14,000円【限定5】

自由な筆運びで、愛らしいかぶらがのびのびと描かれた「赤彩 かぶら文」小皿。
紅殻を丹念にすり、生み出される赤は、生き生きとした生命力に満ちています。



手仕事の温もりを大切にした器づくりに、豊かな華やぎと気品があふれます。
色絵、染付の皿や鉢など、料理が美味しくいただける器です。

■九谷焼窯元「須田菁華窯」
◎阪急うめだ本店 9階催場 「旨し、美し。金沢・加賀・能登展」
◎2014年1月22日(水)~1月28日(火) ※催し最終日は午後6時終了

【関連催事】
■没後55年 北大路 魯山人展 <展示販売(一部参考品)・入場無料>
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
◎2014年1月27日(月) ※催し最終日は午後6時閉場

◆ギャラリートーク 八木康夫氏(株式会社 江戸屋美術 代表取締役社長)
◎阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
◎2014年1月25日(土)午後3時より(約30分)
※事前申込不要、参加費無料

【関連記事】
稀代のアーティスト魯山人の美の世界 「没後55年 北大路 魯山人展」



※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2020/08/04更新)