ライフスタイルニュース

アートのある暮らし

【初夏の北海道物産大会】
グラスに封じ込められた北海道の雄大な景色
上杉 高雅さんの吹きガラス『スタジオ パイ(Studio π)』


私の好きなアーティスト

  • 更新日: 2014/4/24
  •  
  •   mixiチェック

■阪急うめだ本店




ジプシーグラス 各3,200円

北海道ファンの皆様お待ちかね!
人気の「初夏の北海道物産大会」が今年も阪急うめだ本店 催場+祝祭広場で4月23日(水)から始まりました。

使うほどに愛着のわく北海道のクラフト。
『スタジオ パイ ファクトリー(Studio π glass factory)』のアーティストであり、オーナーの上杉 高雅さんが制作する吹きガラスが今回催場に初お目見えしています。

「北海道の自然を写したガラスです」と上杉さんがおっしゃる「ジプシーグラス」と名づけられた吹きガラスは、桜と新緑、茜色に染まる夕焼けの空と大地など、北海道の田園風景をイメージした雄大な陸と大地が表現されています。


制作実演中の上杉 高雅さん

1979年、北海道札幌市生まれの上杉さん。
2000年に東京国際ガラス学院基礎科を卒業し、翌年には山梨県で「スタジオ パイ(Studioπ)」を若干21歳で設立。
2005年に生まれ育った札幌に工房を移して、現在精力的に活動中です。
上杉さんのガラス作品は、森美術館にも収蔵されているそう。


ジプシーグラス 各3,200円

北海道の風景とリンクしたグラスには、地平線をイメージした空と陸とのボーダーが表現されています。
自然を写した色合いの美しさと言ったら! ため息ものです。


つららグラス 各2,376円から

雪の中につららを立てて円を作り、その中央でガラスを吹いて制作された「つららグラス」。
つららの形がガラスの表面に写り込み、とても面白いテクスチャーが出来上がっています。
高温のガラスを冷たいつららに接触させるという難易度の高い技法は、北海道に住む上杉さんならではのオリジナル。
自然の形を映しているため、グラスはしっくり手になじみます。


リキッドガラス キャンドル Open mind G 各12,960円

オイルを入れて使う、リキッドキャンドル。
かわいらしい、りんごの形になっています。
光を灯すと何とも美しい影が表出します。
リキッドキャンドルは『札幌スタイル』の認証品になっているそう。



「身近で気楽で、それでいてかけがえのないものつくりを目指したい」とおっしゃる上杉さん。
一点一点インスピレーションを大切に作られたガラスは、北海道の自然そのもの。
グラスの中に封じ込められた北海道の雄大な風景を楽しんでみてください。

■「スタジオπ(パイ)」
◎阪急うめだ本店 9階 催場「初夏の北海道物産大会」
◎2014年4月29日(火・祝)まで ※催し最終日は午後6時終了

「初夏の北海道物産大会」



※Facebookページにジャンプします




※表示価格は消費税を含んだ税込価格です。商品売り切れの節は、ご容赦くださいませ。
※記事に掲載されたイベント情報や商品は、掲載中または掲載後に売り切れ・価格変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

  • 最新記事へ
番組一覧ページへ戻る

この番組のアクセスランキング

(2019/06/17更新)